1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫アトピーから薄毛に繋がるの?具体的な抜け毛予防の流れを解説

アトピーから薄毛に繋がるの?具体的な抜け毛予防の流れを解説

アトピーと薄毛の関係性

最近では、アトピー等を大人になっても悩まされている方が多いと言われています。
では、大人になってからアトピーと脱毛症(ハゲ)に同時に悩まされてしまった場合、具体的にどのような対処を行っていけばいいのでしょうか。
具体的な対処法などをお伝えしていきますので、是非内容をご確認下さい。

アトピーと薄毛の関係性とは

アトピーと薄毛の関係性

アトピーと薄毛の関係性について考えてみると、様々な点から両方が複雑に絡み合っているように感じるかもしれません。ただ、一言で「アトピーと薄毛の関係性」と言っても、実際には大きく分けて下記2つのポイントに集約をすることが出来ます。

  • アトピー性薄毛の大半は、掻きむしりが原因である
  • 頭皮は皮脂を多く含み乾燥しているため、ケアが重要である

この2つが「アトピーと育毛の関係性」を考える際に、極めて重要になります。
詳細について解説をしていきますので、是非内容をご確認下さい。

アトピー性薄毛の大半は、掻きむしりが原因である

掻きむしり

アトピーに普段から悩まされていて、かつ薄毛に悩まされている場合、まず最初にご理解頂きたいポイントが存在しています。

それが「アトピー由来の抜け毛は、掻きむしりが原因である」という事です。

一般的なイメージとして「アトピーであるだけで脱毛が起きそう」なんて風に思うかもしれませんが、実際にはアトピーだけでは脱毛は発生せず「掻きむしり」が最大の要因となってしまうんですね。

頭皮などを掻きむしってしまうと、単純に抜け毛を促進するだけでなく頭皮を傷つける事になってしまいます。すると、その部分から雑菌が入り、あなたの脱毛を促進する事になってしまうのです。

アトピーと脱毛を考える際に、上の理解は極めて重要になりますので是非ご理解ください。

寝ている間の掻きむしりにもご注意下さい

このように「アトピーにおける最大の注意点」とも言えるのが「掻きむしり」になりますので、最も注意を頂きたいタイミングとしては「寝ている間の無意識下の掻きむしり」となります。

起きている間はしっかりと「掻かないこと」が出来ると思うのですが、やはり睡眠時に行ってしまっていると、頭皮に重大なダメージを及ぼしてしまうんですね。そのため、まずは下記のようなポイントに気をつけるようにしてみてください。

  • 自分の睡眠時の癖をチェックする
  • 枕などの環境を変えてみる

個人的に、一番おすすめの方法と言えるのが「自分の睡眠時を定点カメラで取ってみる」という事です。画質なんかは最低で大丈夫なので、一度自分を撮影してみると「自分自身の睡眠時の行動」がわかるようになるんですね。

その際に、頭皮を頻繁に掻きむしっているようでしたら、対策が必須となります。
逆に一切掻きむしっていなかったら、対策を取る必要がないわけですね。

このように現状を理解した上で、次に行うのが「枕などの環境変化」となります。色々な方と話をしてみて実感したのですが、皆さん「枕の清潔感」を気にされていないんですね。

よくテレビなどでも特集されていますが、人間は寝ている間に500ml近い汗をかくとも言われています。そのため、当然ですが枕はかなり不潔になってしまいます。「不潔な枕」は、頭皮環境を悪化させる原因になりますので、毎日置くタオルを変えるなどの形で、対策を取るようにしましょう。

頭皮を皮脂を多く含み乾燥しているため、ケアが重要である

基本的な頭皮ケア

次に理解を頂きたい内容としては、、、
「頭皮は皮脂を多く含み乾燥しているため、ケアが重要である」という点です。

上でもお伝えしていますが、育毛において重要な点が「直接的な掻きむしり」となります。
しかし「直接的な掻きむしり」以外には、下記のような問題が生じる可能性もあるのです。

  • 皮脂が少なくなり乾燥状態になり、脱毛促進
  • 皮膚がジュクジュクの状態になり、環境の悪化からの脱毛促進

ただ、、、頭皮に上のようなトラブルが生じてしまった場合、一般的な民間療法などで治すのはほぼ不可能かと思います。病院で適切な対応を取ることが重要になりますので、まずはかかりつけの医師に相談をしてみてください。

円形脱毛症にも要注意!

上のような「一般的な脱毛」以外には「円形脱毛症とアトピー」において深い関係が存在しています。実は、円形脱毛症に悩まされている人の4割以上が、アトピー素因が認められているんですね。

そのため、こちらにおいてもアトピーの治療が重要になるのです。
具体的な治療法としてはステロイドや抗アレルギー剤の投与など、一般的な内容となってしまうのですが、、、

結果として、こういった対処を地道に行うことが発毛につながります。
まずはお医者さんと相談して、あなたのアトピー治療の方向性を決定してみてください。

具体的な治療法について解説

具体的な育毛法を解説

では次に、アトピー状態で薄毛に悩まされている状態からの、具体的な育毛法をご紹介していきます。アトピー状態から育毛を考える際に、特に抑えていただきたい点は下記のようになります。

  • 育毛剤の利用はあまりオススメが出来ない
  • 育毛シャンプーがとにかくオススメ

では、それぞれ具体的にご説明をしていきます。

育毛剤の利用はあまりオススメが出来ない

まず最初にお伝えしたいのが「育毛剤の利用はあまりオススメ出来ない」という事です。

正直、、、一般的な「脱毛に悩まされている方」に関しては、私はほぼ皆さんに育毛剤をおすすめしています。(私自身、育毛剤を利用して育毛を果たしました)

ただ、現在「アトピーに悩まされている」という事ですと、どうしてもアレルギーの反応などが怖い内容となってしまうんですね。

一般的には、最近の育毛剤というのは天然由来の成分などで構成されているため、かぶれやアレルギーなどは発生しない内容となっています。ただ、どうしても一定のリスクを捨て去ることは難しいかと思います。

そのため、仮に「育毛剤をなんとしても使いたい」という事であれば、お医者さんに相談するか、もしくは代替案として「プロペシア」等に代表されるような発毛薬を利用していきましょう。

育毛シャンプーがとにかくオススメ

次にお伝えしたいのが「育毛シャンプーがとにかくオススメ!」という事です。
特に、現段階で「市販の普通のシャンプー」を利用している方にとっては、育毛シャンプーの利用はとてもオススメ出来る内容になります。

そもそも「アトピーに悩まされている方」と言うのは、どうしても人に比べて肌が弱くなってしまいます。そのため市販のシャンプーを利用すると、肌へのダメージが大きくなりすぎてしまうんですね。(イメージとしては「食器用洗剤で洗うようなもの」と思って下さい)

一般的なシャンプーは「あらゆる汚れを綺麗にする」というのが基本的なコンセプトになりますので、必然的に威力が強すぎるものが完成してしまいます。そのため育毛を考える人にとっては、あまりにも強すぎる内容となってしまうんですね。

当サイトでは、価格や効果などのバランスから、最もオススメをしているのが「GPアロマシャンプー」となります。誰にでもオススメ出来る製品内容になっていますので、是非内容をご確認下さい。

GPアロマシャンプーの商品詳細

育毛とアトピーの関係まとめ

まとめ

以上がアトピーと育毛のまとめとなります。
「肌を傷つけずにケアをする事が重要」と言うのをご理解頂けたのではないでしょうか。

仮にシャンプーは通常の物を使い、更に頭皮を掻いたりする事があると、頭皮環境は急激に悪化してしまいます。そして、このような「習慣的な頭皮環境悪化」と言うのは、気が付かない内にドンドン進行をしていってしまうんですね。

この悪循環を止めるためにも、早い段階で「これから頭皮のケアを行う」という事を決めて、下記の内容を実施するようにしましょう。

  • 普段利用しているシャンプーを育毛シャンプーに変更
  • 定点カメラで、自分が頭皮を掻きむしっていないかの確認
  • その上で、お医者さんに相談

1つ1つは小さな効果ですが、継続することによって育毛に向けて踏み出す事が出来ます。
下に、オススメシャンプーのリンクを記載しておきますので、まずはシャンプーの変更から取り組んでいきましょう。

GPアロマシャンプー公式サイト