1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫ハゲやすい髪質ってあるの?髪質と脱毛の関係性とは!

ハゲやすい髪質ってあるの?髪質と脱毛の関係性とは!

top1
天然パーマや猫っ毛だと「将来ハゲやすい」という風に言われています。
では、具体的に「髪質によるハゲやすさの違い」というのは存在するのでしょうか。
当ページでは「髪質と脱毛」という点を詳しく解説をしていきますので、ご確認下さい。

ハゲやすさと髪質に関係はあるの?

ハゲやすさと髪質

では最初に結論からお伝えをすると、、、
「ハゲやすさと髪質は基本的には関係なし!」となります。

同じ髪に関しての問題という事で「髪質と脱毛」を混合してしまう気持ちはとてもわかりますが、そもそも「髪質と脱毛」というのは、全く発生原因が異なっています。

天然パーマ発生の原因

毛穴の形の歪みにより発生

脱毛発生の原因

DHT等の脱毛因子が促進することにより発生

そのため、仮にあなたにキツめの天然パーマ等が生じていたとしても、脱毛には影響を及ぼさないんですね。(毛穴の形と、DHTには一切関係性がないわけです)

ここではわかりやすく「天然パーマ」に焦点を当てて解説をしていますが、それ以外に「猫っ毛・髪が細い」等の状態においても、基本的には変わりません。つまり「髪質と脱毛には関係性は無い」という事になるんですね。

剛毛の人でも薄毛になるの??

また、世間一般には「剛毛は薄毛になりにくい」という認識があるかと思います。
これは科学的に正しいのでしょうか。

残念ながら、剛毛であったとしても普通にハゲは発生してしまいます。

そもそも、、、髪の毛というのは、下記3つの構造によって構成をされています。

占める位置 特徴
キューティクル 一番外側 外部からのダメージを防ぐ
コルテックス 内部の大部分 髪の毛にしなやかさと弾力性を与える
メディラ 中心 芯としての役割・弱い

基本的に、剛毛の人は上の3要素の中で「コルテックス」が多いと言われています。
しかし、いくらコルテックスが多かったとしても、それが「脱毛のしやすさ・しにくさ」とは全く関係がないんですね。(DHTが発生したら、普通にハゲが生じてしまうのです)

つまり剛毛であったとしても、普通に脱毛は生じてしまうのです。

具体的な脱毛の要因について解説

具体的な脱毛法

では次に、具体的な脱毛の要因という事で「DHT」の解説を行っていきます。
上でも少し話は出てきましたが、本当にDHTは「脱毛の最大の要因」と言っても過言では無いような存在なんですね。では、詳細を解説していきます。

DHTの発生の流れとは

では、DHTはどのように発生をしてしまうのでしょうか。
そもそもDHT発生の流れと言うのは、下記図によってご確認頂けます。

DHT
私達の頭皮には「5a-リダクターゼ」という物質が存在しているのですが、それが男性ホルモンと結合することによりDHTが発生をします。そして、このDHTが毛乳頭に作用をし脱毛を引き起こしてしまうのです。

最近、世間ではAGA(男性型脱毛症)という言葉が有名になってきますが、このAGA(男性型脱毛症)は、上のDHT発生によって生じてしまっています。そのため、この「DHTの対処」が何よりも脱毛対策に重要となるのです。

剥げやすい部位が存在しています

また、脱毛に悩まされている人の大半が、下記でご紹介するような「頭頂部」や「M字ハゲ」に悩まされています。

AGA
実は、これらの部位がハゲるというのも、上でご紹介したDHTが関わっているんですね。
と言うのも、上の赤丸というのは「5a-リダクターゼが多いポイント」となるのです。

つまり、DHTが発生するための片割れが多く存在している部位になるので、その結果「DHTが多く発生し、脱毛」という流れになってしまうんですね。基本的な知識として、是非抑えておきましょう。

具体的な育毛法を解説

具体的育毛法

では次に「具体的な育毛法」をご紹介していきます。
あなたの髪質がどのような状態だったとしても、仮に現在「脱毛」が生じているようであれば、下記内容を行うことによって対策が可能となります。

  • 育毛剤・育毛サプリの利用
  • 睡眠習慣の見直し
  • 食習慣の見直し

では、それぞれ詳細について解説をしていきますので、是非ご確認下さい。

育毛剤・育毛サプリの利用

まず最初に絶対にやって頂きたいのが「育毛剤・サプリの利用」となります。
正直「育毛剤を利用する」という事に抵抗感を感じる方は多いと思うのですが、、、そうは言っても、必須の内容と言っても過言ではありません。

と言うのも、そもそも私達に発生する脱毛というのは、上でご紹介をしたようなDHTとなります。そして、このDHTを阻害するためには、育毛剤や育毛サプリしかないんですね。

よく「生活習慣の改善」等から育毛を目指す人がいますが、生活習慣の改善だけではDHTに一切影響をおよぼすことが出来ません。つまり「脱毛の最大の要因」の対処をすることが出来ないのです。

半年程度で本気の育毛を目指すのであれば、まずは育毛剤を利用していきましょう。(私がオススメしている下記商品は、育毛サプリがセットになっております。品質・コストパフォーマンスが優れているためオススメです)

チャップアップ公式サイト

睡眠習慣の見直し

育毛剤を利用した後、取り組んで頂きたいのが「睡眠習慣の見直し」となります。
DHTの対処を行った後は、適切な生活習慣を実施し、育毛を目指していくわけですね。

可能であれば「適切な睡眠習慣」というのをお伝えしたいのですが、睡眠習慣というのは千差万別でロングスリーパーの方からショートスリーパーの方まで数多く存在しています。そのため、あまり型に当てはまった内容をお伝えできません。

そこで、是非あなたに実施をして頂きたいのが、、、
「自分の体に合った睡眠時間を見つける」という事です。

正直、現代の日本人は慢性的に睡眠不足だと言われています。
そのため、一ヶ月程度を実験して「自分に合った睡眠習慣」を見つけて頂きたいのです。

私個人としては、元々6時間半の睡眠時間だったのですが、7時間に変更することにより、体の調子がよくなりました。(ただ、それ以上寝ると、逆にパフォーマンスが落ちてしまいます)

このように「自分に合った睡眠時間」を取ることができれば、ホルモンバランス等が正常に近づき、育毛へプラスの影響をおよぼすことができます。是非実施をしてみてください。

食習慣の見直し

最後にお伝えしたいのが「食習慣の見直し」となります。
人間の体というのは、当然ですが食べたものから構成をされております。

そのため、本気で育毛を目指していく際には「正しい食生活の実施」というのは外せないんですね。(当サイトでも様々な「育毛に効く食べ物」をご紹介しています)
頭皮に良い食事の解説(ページ真ん中らへん)

ただ、、、私個人のオススメ食事療法としては「自分に考えるベストで健康的な食生活を行うこと」だと考えております。

と言うのもですね、、、私が様々な食事をお伝えしたとしても、それをしっかりと実施出来る方はかなり少数だと思います。現実的な問題として、それほど毎日良い食事はとれませんからね。

そこで、そんな無理な目標を目指すくらいなら「可能なレベルでの健康的な生活」をやっていただきたいと言うのが、この趣旨となるわけです。例えば普段の食事の中で、下記の様な内容に気をつけるだけで効果があります。

  • ラーメンなどの脂っこい物を食べない
  • アルコールを控える or 辞める
  • 野菜を多めに食べる

こんな風な「ちょっとした事」を実施するだけでも、長期で見れば健康的な生活に近づくことが出来ます。あまり肩肘をはらずに、可能な点から是非取り組んでいきましょう。

ハゲやすい髪質のまとめ

ハゲやすい髪質のまとめ

以上が「ハゲやすい髪質」と対処法のまとめとなります。
ハゲやすい髪質というのはそもそも存在しなくて、いかに対処を行うことが重要かというのが、ご理解頂けたかと思います。

正直、育毛に関しては様々な間違った知識が蔓延しています。
しかし育毛剤を利用して地道に生活習慣を改善していけば、育毛を実現出来ます。

まずは、是非下記のような点から取り組んでいきましょう。

  • 育毛製品をしっかりと利用する
  • 睡眠習慣の改善を行う
  • 食生活の改善を行う

そうすれば、半年程度のスパンで効果を実感出来るはずです!
(下記リンクでは、育毛仮面オススメの育毛剤をご紹介しております。価格・効果ともに文句なしなので、是非詳細をご確認下さい。)
最新のオススメ育毛剤はこちら!