1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫細くなった髪は抜けているのと同等の問題?!髪を太くしよう!

細くなった髪は抜けているのと同等の問題?!髪を太くしよう!

細くなった髪

髪の毛のトラブルでは、普段「脱毛」にばかり注目が集まっています。
しかし「髪が細くなる」と言うのも、実は脱毛と同様の問題になってしまうのです。
そんな「髪が細くなる問題」の詳細と対処法について解説をしていきますので、是非内容をご確認下さい。

髪が細くなるのが問題の理由とは

髪が細くなる

では最初に「何故、髪が細くなるのが問題なのか」という点から解説をしていきます!
皆さん「髪の毛が細くなったらボリュームが減るし、、、」くらいな感じで軽く考えていますが、実は髪が細くなるというのは、もっとかなり深刻な問題なんですね!

わかりやすく解説をするために「髪の断面図」を元に解説を行っていきます。

髪の太さ

上の図は「髪の断面図」だと思って下さい。元々がAの太さなのに対して、Bは「Aの髪の半分の太さになってしまった状態」を示すとします。

するとですね、、、なんと恐ろしいことに、Bの髪の面積は、Aに比べて4分の1になってしまっているのです。

これって、かなり恐ろしい事だと思いませんか?
仮定の話で考えると、仮に10万本の髪の毛があるとして、全ての髪の太さが半分になったら、ボリュームとして4分の1(25000本)になってしまうのです。

当然ですが、これほど髪の毛のボリュームが減ってしまったら、通常の方法でいくら育毛を頑張っても厳しいです。(増毛をしたとしても、細さをカバーすることは出来ないんですね)

そのため、あなたが本気で増毛を考えているなら、単純な「新しい髪を増やす」という事だけではなく「既存の髪を細くしない・太くする」という事も同じくらい大切になってくるのです。

髪が細くなってしまう原因とは?!

細くなってしまう原因とは

では次に「髪が細くなってしまう原因」の解説を行っていきます。

「髪を太くする・改善する」という事を考えるなら、そもそも「何故髪が細くなってしまったのか」を考えることは極めて重要になります。(原因を理解できないと、改善も出来ませんからね)

そこで具体的な問題を挙げていくと、一般的な「加齢により髪質の変化」以外には、大きく分けて下記の問題が考えられます。

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 頭皮環境の悪化

1つ1つの詳細について解説をしていきますので、是非内容をご確認下さい。

栄養不足

まず第一の原因として挙げられるのが「栄養不足」となります。
普段それほど意識をしないかもしれませんが、私達の髪の毛も「栄養を受け取って成長する」という点において、他の部位と変わりません。

そのため、適切な栄養が不足している場合、発毛が滞ってしまうんですね。

毎日、1日3食バランスよく食べているという事であれば問題はないのですが、仮に「昼ごはんはいつも麺類」や「週に3回は飲み会で、夜ご飯を食べない」などの場合、知らず知らずのウチにバランスが不足している可能性が考えられます。(特に、魚や野菜の不足が考えられます)

その結果として、髪の毛が細く・弱くなってしまうのです。

血行不良

第二の原因として挙げられるのが「血行不良」となります。
実は、血行が悪いと、かなり直接的に髪の毛が弱っていってしまうのです。

そもそも、私達の髪の毛というのは「体内に入った栄養素」を血液から受け取る流れになっています。そのため、仮に豊富な栄養素を口から摂取したとしても「血行不良」が生じてしまっていた場合、十分な栄養を髪に送り込むことが出来ないんですね。

そのため「血行が悪い」と言うのは、直接的に髪の毛の細さにつながってしまうのです。

頭皮環境の悪化

第三の原因として挙げられるのが「頭皮環境の悪化」となります。
今まで解説をしてきた「栄養不足」や「血行不良」などは、どちらかと言うと体内に起因する問題でした。

しかし「頭皮環境」というのは、直接的な頭皮の問題になるわけなんですね。
(具体例としては「皮脂の詰まり」や「フケ」などを挙げることが出来ます。)

特に「皮脂のつまり」というのは、私達の髪の毛が出てくるのを阻害してしまいます。
最近の研究では「皮脂を全て取り除くのは、やりすぎ」と言われていて、適度な洗浄が推奨されていますが、そうは言っても「豊富すぎる皮脂」といいうのは、あまりオススメできる物ではありません。

頭皮環境が悪いにも関わらず放置していると「髪の毛の細さ」につながってしまうのです。

髪の毛を太くするための具体的な方法とは

髪の毛を太くする

ここまで「髪の毛が細くなる原因」について色々と解説をしてきましたので、次に「髪の毛を太くするための具体的な方法」について解説をしていきます。

結局の所、、、
「髪の毛を太くしたい」と思ったら、下記2つをしっかりと実施していく必要があります。

  • 既存の問題を解決していく
  • 育毛生活を開始していく

では、それぞれに関して具体的に解説をしていきますので、是非詳細をご確認下さい。

既存の問題を解決していく

まず第一の解決法として挙げられるのが「既存の問題の解決」になります。
上の方で挙げた「栄養不足・血行不良・頭皮環境の悪化」や「睡眠・ストレス」など、髪に影響を与えうる問題を全て解決していくという流れですね。

こういった「既存の問題の解決」において、極めて重要になってくるのが「最初の段階での現状の把握」になります。

結局の所「髪の毛に影響を与える要素」というのはかなり沢山存在していますが、その中で「本当にあなたに影響を与えている要素」というのはかなり限られてきます。そのため、習慣の改善などを行う前の段階で「現状の把握」を適切に行うことが極めて重要になってくるんですね。

是非闇雲に行動をしていくのではなく、髪とペンを用意した上で「自分にとっての問題は何なのか」をしっかりと書いて理解するようにしましょう。そして、その紙を元に行動を進めていきましょう!

育毛生活を開始していく

上のステップで「問題のある生活習慣の改善」が完了したら、次に行っていくのが「育毛剤などを利用した育毛生活の開始」となります。

正直、育毛剤を一番最初に利用をする段階では、少し抵抗感があるかと思います。
しかし、本気で育毛を実施していきたいなら「育毛剤の利用」は避けては通れないポイントになってくるんですね。

たぶんですが、、、「髪が細くなった」と悩んでいる方は「育毛剤を使うべきか」という点で、かなり悩むと思います。

しかし、育毛剤というのは「単純な育毛」というだけでなく、髪を太くするために必要な成分などもほぼ全て網羅してあります。そのため「髪の毛を太くしてボリュームをアップしたい」という際にも、絶対に育毛剤は効果的に働いてくれるのです。

あまり厳密に「自分の状態は◯◯だから必要ない」と決めつけてしまうのではなく、普通の育毛という事を目指して行動をしていきましょう。

髪が細くなった状態からの対処法~まとめ~

matome

以上が「髪が細くなった状態から対処法」となります。
ここまで読んで頂ければ「普通の育毛とは何ら変わらない」という点をご理解頂けたかと思います。

私が過去話を聞いた&見てきたケースの中では、実際に「髪が細くなる」と「脱毛」を併発しているケースがよくありました。これらのケースというのは、根本の原因が同じものなので、ある意味では当然な内容になるんですね。

そして、このような状況を本気で解決したいと思ったら「育毛剤などで適切な栄養を送り込んだ上で、環境を整える」という事が絶対に必要になってきます。

育毛を考える際に、中途半端に「これはやるけど、これはやらない」とやってしまうと、結果が全く出なくなってしまいます。

本気で育毛を考えているなら、「生活習慣の改善」や「育毛剤の利用」など、可能な限りの行動をして全力で育毛に励んでいきましょう。

下のリンクは、私が実際に試してオススメ出来る育毛剤となります。
価格と効果・おまけ等のバランスが最高ですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!