1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫男性ホルモンと薄毛・脱毛の関係性とは

男性ホルモンと薄毛・脱毛の関係性とは

男性ホルモンと薄毛の関係性

「男性ホルモンと薄毛に関係がある」というのは、育毛に興味があれば誰もが一度くらいは耳にしたことのある内容だと思います。そこで当ページでは「男性ホルモンと薄毛」という点に絞って、より詳細を解説していきます。基礎的かつ重要な内容になりますので、是非ご確認下さい。

男性ホルモンは脱毛の主要因である

男性ホルモンと脱毛の要因

まずご理解を頂きたいのが「男性ホルモンと脱毛には密接な関係がある」という点です。
私達が普段悩まされている脱毛の大半は、この「男性ホルモン」が影響して生じてしまっているんですね。

まず全体像を理解するために、下記の図を御覧ください。

まとめ
こちらを見て頂ければわかるのですが、、、
「男性ホルモン」と「5a-リダクターゼ」が合体することにより「DHT」が生じます。
そして、このDHTが「髪の毛を抜かす!」という風に指令を出してしまっているんですね。

つまり、脱毛の50%は男性ホルモンが原因であるとも言えるのです。

また、最近よく見る「AGA(男性型脱毛症)」等は、基本的に上の内容で生じています。
そのため、脱毛に悩んでいる方であれば、ほぼ全員にとって上の問題は「解決しなければならない問題」になるわけなんです。

男性ホルモンでハゲる人の特徴とは

男性ホルモンというのは、たしかに上のように「脱毛の原因」となります。

しかし高校生などは、いくら筋トレをして男性ホルモンが優位になったとしても脱毛が生じていませんよね。これって不思議だと思いませんか?

実は、、、この「男性ホルモンと脱毛の関係性」には下記の様な事が言えるのです。

男性ホルモンと脱毛の関係性

男性ホルモンは脱毛の原因だが、脱毛が現れるかは他の要因によって変わる

つまり、いくら男性ホルモンが優位になったとしても、下記のような点を有していない限り、脱毛にはつながらないというわけですね。

  • 5a-リダクターゼが十分な量ある
  • 5a-リダクターゼと男性ホルモンが結合しやすい体質である

上の方で掲載した図で解説をしていますが、DHTが生じるためには「5a-リダクターゼ」と「テストステロン」の組み合わせが極めて重要になります。

まとめ
そのため、仮に男性ホルモンが優位になったとしても、5a-リダクターゼの要素を満たしていなければ、脱毛は生じないわけです。脱毛を考える上で極めて重要なポイントになりますので、是非しっかりと抑えておきましょう。

ここまでのまとめ

男性ホルモンは脱毛の原因である。
ただ「5a-リダクターゼ」等、他の要因が満たしていなければ、男性ホルモンが多量に分泌されても脱毛につながるわけではない。

M字ハゲやO字ハゲが多いのには原因があります

また、私達の脱毛が「M字やO字」が多いのも、上のような要因に密接に関わっています。
そもそも、、、私達の頭皮の中で、ハゲやすいポイント(M字やO字部分)と言うのは、実は5a-リダクターゼが豊富に存在する場所となるのです。

htype

そのため、上のような部位には必然的に「DHT(脱毛の原因)」が発生してしまうため、脱毛が引き起こされてしまうんですね。

男性ホルモンを抑えたら育毛には効果的なの?

男性ホルモンと育毛は効果的?

「男性ホルモンと薄毛に関係がある」という知識が独り歩きをした結果、、、
「男性ホルモンを抑えれば、育毛をすることが出来る」等と考える人がいます。

たしかに、、、その答え自体はYESとなります。

男性ホルモンを抑制したことで、育毛を果たした実例などは存在していますし、宦官(古代中国の去勢をした役人)等の写真を見ていると、ハゲている人というのが圧倒的に少数となります。

つまり「男性ホルモンを抑えることでの育毛」というのは実現が出来るんですね。

ただ、上のような内容を知って、いざ「自分も男性ホルモンを抑えよう」なんて風に思い、行動してしまったら大変です。実は、女性ホルモンを投与してしまった場合、育毛を遥かに上回るネガティブな効果が現れてきてしまうんですね。(下にその症状を記載します。)

  • 勃起障害(ED)
  • 集中力の低下
  • 情緒不安定・抑うつ感・落胆・不安
  • 睡眠障害

自分の体に適していないホルモンというのは、上の様な症状を引き起こしてしまうのです。

また、仮にホルモンを投与し、一時的に脱毛が収まったとしても、精神的な面などから「円形脱毛症」が生じるリスクなども考えられます。そのため、やはり「女性ホルモンの投与」というのは、全く現実的な施策とは言えないのです。

具体的な育毛法の解説

具体的な育毛法を解説

ここまで「男性ホルモンと育毛の関係性」について解説をしてきましたが、、、
結論として「育毛を実現したいから、男性ホルモン自体を抑える」というのは、現実的ではないんですね。

そこで、現在の育毛業界で最も主流になっている考えというのが、、、
「DHTの生成を阻害する」という考えとなります。

block
結局の所、男性ホルモンにしても、5a-リダクターゼにしても、頭皮の中には存在してしまっています。そこで「その両成分の結合を阻害することによって、脱毛を阻害しよう」というのが、現在主流の考え方となっているんですね。

もしあなたが「本気で育毛を実現したい」という事であれば、育毛剤や育毛サプリなどを利用して「DHTの生成を阻害する」という事を念頭に、育毛に向けて進んでいきましょう。

オススメの育毛商品をご紹介!

では最後に、当サイトでオススメの「育毛製品」をご紹介していきたいと思います。

正直、、、育毛剤などは、皆さん最初の購入にかなり抵抗感があると思うんですね。
(私自身、一番最初の育毛剤は、かなり買うのに躊躇をしました)

ただ「本気で育毛を実現する」という事を目標に置いた場合、どうしてもDHTの対処などが必須になってきます。

睡眠の改善や、食事の改善等でも「育毛への手助け」は出来るかもしれませんが、直接的な育毛効果は一切期待が出来ないのです。

もしあなたが「本気で育毛を実現したい」という事であれば、是非下記のような育毛剤を検討してみて下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!