1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫スマホが薄毛の原因になる?眼精疲労を抑えて薄毛対策をしよう

スマホが薄毛の原因になる?眼精疲労を抑えて薄毛対策をしよう

スマホが薄毛の原因?

あなたは「スマホが薄毛の原因になる」という事を知っていますか?
実は、スマホを利用することで眼精疲労が発生し、その結果「薄毛が発生する」という事がありえるのです。当ページでは、眼精疲労と薄毛の関係性についてお伝えしていきますので是非ご確認下さい。

眼精疲労の基礎知識について解説

眼精疲労の基礎知識

では最初に、眼精疲労の基礎知識から解説をしていきます。
眼精疲労というのは、その名の通り「目の疲れ」になります。

普段、長時間PCやスマホを見た時等に「目の疲れのため、目頭を抑える」という行動は一度は経験があるかと思いますが、そんな状態は「眼精疲労状態」と言えるんですね。

基本的に、眼精疲労が生じてしまう原因としては、下記のような内容が挙げられます。

  • PC・スマートフォン等の長時間の利用
  • 度数の合っていないコンタクトレンズや眼鏡の利用
  • 部屋の照明不足
  • ストレスや睡眠不足

特に、上の内容が組み合わさることによって問題が深刻化しやすいため「度の合っていないメガネで長時間のPCを利用」等をしてしまうと、急激に眼精疲労が発生してしまうのです。

眼精疲労が悪化するとどうなるの?

正直、現代社会で生きていれば、誰もが眼精疲労の経験はあると思います。
しかし、それが慢性的になると次第に悪化をし、最終的には下記のような深刻な問題を引き起こしてしまうんですね。

  • 目のかすみ
  • 肩こり・頭痛・倦怠感
  • 嘔吐

上で挙げた症状は、基本的に下にいくほど深刻な内容となります。
一般的には、皆さん「目のかすみ」程度の内容で済んでいますが、それが更に悪化をしてしまうと、最終的には頭痛や嘔吐等が生じてしまうんですね。

このように、眼精疲労というのは実は怖い症状なのです。

眼精疲労から薄毛が生じる流れとは

眼精疲労から薄毛発生の流れ

上でお伝えしたように「眼精疲労」は、私達の体に重大な問題を生じさせてしまいます。
では具体的に「薄毛への問題」としては、どういった内容が挙げられるのでしょうか。
特に大きな点としては、下記のようになります。

  • システイン不足による毛髪の栄養不足
  • 血流不良による毛髪の栄養不足

では、それぞれ詳細について解説をしていきます。

システイン不足による毛髪の栄養不足

まず挙げられるのが「システイン不足による毛髪の栄養不足」となります。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、この「システイン」というのは、育毛に対して極めて重要な役割を担っているんですね!

では、まずシステインの育毛における役割から見てみましょう

システインの髪における役割とは

髪は「ケラチン」という物質から生成をされています。そして、このケラチンを生成するために必要になるのがシステインとなるのです。
つまり、システインは「髪の基礎」と言って差し支えがありません。

このように「髪を生成する根本」として極めて重要な役割を果たしているシステインですが、実は「眼精疲労が生じると、目を回復させるために消費される物質」でもあるのです。

つまり眼精疲労が生じてしまうと、その疲労を治すために「髪を生成するための成分」を使ってしまうんですね。そのため、かなり直接的に脱毛への影響が生じてしまうのです。

血流悪化による毛髪の栄養不足

次に挙げられるのが「血流悪化による毛髪の栄養不足」となります。
上の様な「システイン不足」という以外に「血流悪化」も大きな問題として挙げることが出来るんですね。

そもそも、私たちに眼精疲労が生じている際は、ほぼ確実に「頭部の血行が悪くなっている状態」と言えます。肩こりや首の疲れと同様に、眼精疲労も「血流の悪化」から生じているのですが、、、それはつまり必然的に「頭皮の血行の悪化」も同時に生じさせている事を意味しているんですね。

私達の髪の毛というのは、基本的に血流から栄養を受け取ることによって成長をしています。具体的には、髪の毛を作り出す「毛母細胞」に栄養素が入ることによって、成長をしていくのです。

そのため、仮に血流の悪化が生じてしまっている場合は、必然的に「髪の成長に必要な栄養素が不足している状態」になってしまいます。
つまり、眼精疲労が生じた場合は、間接的にですが「血流悪化による脱毛」を引き起こしてしまうのです。

眼精疲労の対策法について解説

眼精疲労の対策法

ここまで「眼精疲労から生じる脱毛」について、順を追って解説をしてきました。
次に「眼精疲労由来の脱毛の対処法」として、下記内容をお伝えをしていきます。

  • システイン不足を食事から補おう!
  • 眼精疲労を予防する習慣を身に着けよう

毎日パソコンを見る仕事だったとしても、しっかりと対策をすれば「眼精疲労由来の脱毛」を防ぐことが出来ます。しっかりと取り組んでいきましょう。

システイン不足を食事から補おう!

ここまで「眼精疲労からシステイン不足が生じ、その結果脱毛が起きる」とお伝えしてきました。そこで、是非取り組んで頂きたいのが「システインを含む食材の摂取」となります。

実はシステインというのは、豆類や魚介類等を中心に様々な食材に含まれているんですね。

システインが多い食材

まぐろ、いわし、かつお、大豆

つまり「お刺身定食(お味噌汁付き)」等が、システイン不足を防ぐのに極めて有効に働いてくれるのです。基本的には「日本の伝統的な食事」を行うことで、ある程度の対策が出来ますので是非食生活に気を使っていきましょう。

眼精疲労を予防する習慣を身に着けよう

次にお伝えしたいのが「眼精疲労を予防する習慣を身につける」という事です。

最近では、体のケアに関しては広く認知されるようになりましたが、あまり「目のケア」という点に関しては述べられていないんですね。そこで、是非あなたに実施して頂きたい内容というのが、下記のようになります。

  • 0分に1回程度、窓の外で遠くを眺める
  • 蒸しタオル等を利用して目の血行を良くする(お風呂で代用も可)
  • 目の周りを軽くマッサージする

ただ「蒸しタオルを毎日用意する」というのは現実問題として難しいと思うので、、、
代替案としては「お風呂場での目のケア」となります。

つまり、お風呂に入ったタイミングで目の周りをしっかりと温めて、そのタイミングでマッサージをしていくんですね。

これを行うと、明確に目の実感が異なります。
一度やれば効果を実感出来るはずなので、是非実施をしてみてください。

スマホと薄毛の関係性~まとめ~

スマホと薄毛の関係性まとめ

以上が「スマホと薄毛の関係性」となります。
薄毛の発生原因と対処法について、ご理解を頂けたと思います。

ただ、この内容を理解する際に注意をしていただきたいのが「あなたの脱毛が、実はスマホが原因じゃない事もある」という事実です。

一度脱毛が生じてしまうと、ついつい色々な事に原因を探したくなってしまいますが、結局はただのAGA(男性型脱毛症)だという事が、かなり多いんですね。

仮に、あなたの脱毛が通常の脱毛(AGA)だった場合は、確実に育毛剤を利用してDHT(脱毛の原因)を予防していく必要があります。そこで、念の為オススメの育毛剤へのリンクを貼っておきますので、是非内容をご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!