1. ホーム
  2. 脱毛・発毛の知識を解説
  3. 脱毛の知識を解説
  4. ≫頭皮の乾燥が原因で抜け毛が発生するの!?対策を解説

頭皮の乾燥が原因で抜け毛が発生するの!?対策を解説

頭皮の乾燥

「頭皮の乾燥が良くない」というのは、一度くらいは聞いたことがあるかと思います。
ただ、そうは言っても、具体的にどのようにネガティブな症状が発生するのか、いまいちわかりませんよね。当ページでは、頭皮の乾燥と脱毛の関係性について解説をしていきますので、是非ご確認下さい。

その症状は、本当に頭皮の乾燥が原因ですか?

脱毛は頭皮の乾燥が原因?

頭皮の乾燥を気にしている方に、まず最初に確認をしていただきたいポイントがあります。
それが「あなたの痒みは、本当に頭皮の乾燥が原因なのか」と言うことです。

一般的には、皆さん「頭皮のかゆみ」をきっかけにして、頭皮の乾燥を疑うかと思います。しかし、一言で「頭皮のかゆみ」と言っても、実際には乾燥だけでなく様々な要因が考えられるのです。

  • 一般的な頭皮の乾燥
  • 頭皮の皮膚炎
  • アトピー性の皮膚炎

仮に、現在の症状が「一般的な頭皮の乾燥」だった場合、ご自宅でのセルフケアで十分対策は可能となります。しかし、仮に「皮膚炎」や「アトピー性の皮膚炎」等が生じてしまっていた場合、皮膚科に見て頂く必要性が出てくるんですね。

そのため、仮に痒みが生じていた場合、すぐに「乾燥が原因だ」と判断を下すのではなく、炎症なども一度は疑ってみましょう。

頭皮の乾燥で抜け毛は発生するの?

では、あなたの症状が「一般的な頭皮の乾燥」だった場合、、、
それが原因となって、脱毛は生じてしまうのでしょうか。

実は「乾燥が原因で脱毛に直結」という事は一般的には起こりません。
そもそも、私達の脱毛の原因というのは「DHT(脱毛因子)」となりますので、多少頭皮が乾燥したからと言って、すぐに抜け毛が増加するという事は無いのです。

しかし頭皮が乾燥することで、下記のような「間接的な要因からの脱毛」が考えられます。

  • 頭皮のかゆみでかいてしまい、脱毛の発生
  • 頭皮環境の悪化により、脱毛の発生

上2つの中で、特に注意を頂きたいのが「掻くことによる脱毛の発生」となります。

普段起きている間であれば「頭皮を掻いちゃダメ」という意識が働き、皆さん掻くことはないかと思います。しかし、頭皮の乾燥が発生してしまっていた場合、睡眠中等の無意識の内に掻いてしまったりするんですね。

こういった頭皮へのダメージを全て防ぐことは難しいため「頭皮の乾燥を防ぐ」という根本からのケアが重要となってくるのです。

どのような要因で頭皮が乾燥するの?

頭皮乾燥の要因とは

では、具体的にどのような要因から「頭皮の乾燥」が生じてしまうのでしょうか。

細かい原因は本当に様々あるのですが、、、
特に代表的な原因としては、下記のような内容を挙げることが出来ます。

  • 紫外線
  • 乾燥した空気
  • 体質的な問題

つまりは「乾燥しやすい時期に、頭皮が傷んでいると乾燥する」という風になるんですね。
他にも海に入った後放置をしたり、直射日光に長時間当たったりすると「乾燥しやすい頭皮」が出来上がってきてしまいます。そのため、普段の生活から意識をしてケアすることが重要になるのです。

頭皮が乾燥しやすい体質とは

上のような外部要因以外にも、そもそもの体質として「頭皮が乾燥しやすい体質」というのが存在しています。そんな「頭皮が乾燥しやすい体質」というのは、下の3つの要素のバランスが乱れることにより、生じてしまうのです。

  • 地肌の「皮脂」
  • 誰の肌にも存在している「常在菌(マラセチア菌)」
  • 人によって異なる「肌質」

これらは相互に関わり合って存在しているのですが、一度バランスが崩れてしまうとターンオーバー(肌の生まれ変わり)等にまで影響が及んでしまい、結果として頭皮の乾燥という形で出てきてしまうんですね。

ターンオーバーの乱れとはどんな状態?

では「ターンオーバーの乱れ」とは、具体的にどのような状態になるのでしょうか。

そもそも、私達の頭皮というのは、約1ヶ月で「皮脂の生まれ変わり(ターンオーバー)」が行われていると言われています。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと、約2~3週間程度の周期でターンオーバーが発生してしまうんですね。

このような事態が生じてしまうと、次から次へと皮脂が剥がれ落ちてしまうため「ダメージに弱い肌」となってしまいます。

11_c11
ニキビ等のケアにおいては「ターンオーバー正常化」は最重要項目として言われています。
育毛などにおいても「ターンオーバーの乱れている肌」というのは、極めてトラブルの発生しやすい肌となっているのです。

頭皮の乾燥を防ぐ方法とは

頭皮の乾燥を防ぐ方法

ここまで要因などを解説してきましたが、、、
具体的にどのような流れで「頭皮の乾燥」を防ぐことが出来るのでしょうか。
色々なポイントがあるのですが、特に抑えるべき内容としては下記のようになります。

  • 適切なシャンプーを利用する
  • シャンプーを適切に行う
  • 適切なドライヤーを実施する

結局の所、頭皮の乾燥を対策するためには「適切なシャンプーの利用」が必須となります。
それぞれ詳細について解説していきますので、ご確認下さい。

適切なシャンプーの選び方とは

頭皮のケアを行っていく際には、利用法などを考える前に「適切なシャンプーを購入する」という所から始めていかなければなりません。

何故こんな風に「適切なシャンプーを購入するべき」と言うのかというと、、、
そもそも、一般に発売しているシャンプーというのがも頭皮環境を悪化させる作りになってしまっているんですね。

一般に発売しているシャンプーは、基本的に「ラウリル硫酸」という成分が入っています。これはシャンプーの主成分とも言える成分になるのですが、、、あまりにも洗浄力が強すぎて、頭皮を痛める原因となってしまうのです。(ただ、安価なため、安いシャンプーなどにはよく利用をされています)

そのため、もし本気で頭皮ケアを考えていくなら、まずはこのような成分が含まれていない「育毛シャンプー」を利用していく事が極めて重要になるのです。

「育毛シャンプーを使えば髪がすぐに生える」というような内容では無いのですが、単純な頭皮のケアとしては、極めて効果を発揮してくれます。そのため、まずは自分に合ったシャンプーを探していきましょう。

最新の育毛シャンプーランキング

シャンプーを適切に行う

シャンプーを購入したら、次は「シャンプーの適切な利用」を行うようにしましょう。

正直、、、ほとんどの方が、シャンプーの使い方を自己流でやっているかと思います。
しかし真面目にケアをしていくという事であれば、下記のように正しいステップで利用することが重要になるのです。

  • 髪の毛にお湯を含ませるように濡らす
  • 汚れの8割をお湯で落とすような感じで、流していく
  • 頭皮を洗うことを意識して、シャンプーを行っていく
  • 洗い残しが無いように、しっかりと流していく

購入したシャンプーによって、若干の利用法の違いはあるかもしれませんが、基本的には上記のような内容によってシャンプーを行います。特に「地肌を洗う」という意識が極めて重要になってきますので、是非意識をした上で洗っていきましょう。

適切なドライヤーの実施

上の様なシャンプー等が完了したら、次はドライヤーを実施していきましょう。
男性の中には「普段あまりドライヤーを使わない」という方もいるかと思いますが、頭皮のケアにおいてドライヤーは極めて重要なポイントとなるのです。

そのため、下記のようなポイントに注意をしながら、確実に行う様にしましょう。

  • お風呂後にタオルドライでしっかりと乾かす
  • 頭皮から20センチ程度の距離で、頭皮を中心に乾かしていく
  • 満遍なく全体の水分をとっていく
  • 全体が乾いたら冷風を当てて締め

この中で、特に抜けがちなポイントが「冷風での締め」となります。
特に冬などは抜けてしまいがちですが、これを行うことによって、開いてしまったキューティクルを閉じ、髪の毛へのダメージを抑えることが可能になります。
必ず行うようにしましょう。

乾燥と抜け毛の関係性~まとめ~

育毛法まとめ

以上が、頭皮の乾燥と抜け毛の知識となります。
「乾燥予防の重要さ」や「具体的なケア手法」等をご理解頂けたのではないでしょうか。

シャンプー等の重要性は、普通に生きている中ではあまり実感しないかもしれません。
しかし、毎日繰り返し実施する内容になるので、極めて頭皮へ与える影響が大きいステップとなっているんですね。

一度シャンプーを購入し、適切なステップを覚えたら、あとは毎日の積み重ねになります。
最初だけちょっと頑張れば適切な流れを身につけることが可能になりますので、是非地道に実施をしていきましょう。

下記リンクでは、育毛仮面オススメのシャンプーとなります。
現時点で実際に私が愛用しているシャンプーですので、是非ご確認下さい。

超オススメ育毛シャンプーはこちら