1. ホーム
  2. 無料育毛法
  3. 食事療法
  4. ≫お酒は脱毛の原因になる?!メリット・デメリットの解説

お酒は脱毛の原因になる?!メリット・デメリットの解説

top1

育毛を考えている人にとっては「お酒を飲むとハゲるのか」というのは、かなり気になるポイントかと思います。

私は軽くたしなむ程度なのですが、、、「毎日必ず飲む」という人にとっては、かなり重要な点ですよね。そこで、当ページではお酒と育毛の関係性について解説していきます。
是非詳細をご確認の上、参考にしてみてください。

育毛仮面のお酒への見解を解説

osake-01

では最初に、個人的な見解として「お酒と育毛の関係性」をお伝えしたいなと思います。

色々と調べた上での、育毛仮面の見解としては、、、
「お酒はプラスの面もあるが、マイナスの面も多い。飲むなら適量で」となります。

他のサイトなどでは「お酒は育毛にマイナスである!」といった感じで「全く飲まないことがベスト」みたいな事を書いてありますが、私はそうは思っていません。

そもそも、お酒というのは育毛に対して「間接的な要因」となります。
育毛剤などが、直接的に脱毛の原因(DHT)などに作用するのに対して、お酒は接的な効果になるんですね。

そのため「一切飲まない事がベスト」という事ではなくて、うまくメリット・デメリットを理解した上で付き合っていくのが良いのかなと思います。

そこで、お酒への認識を深めるためにも、下記2つの点において更に解説をしていきます。

  • アルコールの育毛へのメリット
  • アルコールの育毛へのデメリット

ご自身でメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、飲酒を行いましょう。

アルコールの育毛へのメリット

お酒のメリット

では、アルコールの「育毛へのメリット」について解説をしていきます。
最近では悪い点ばかりが取り上げられてしまうお酒ですが、そもそもは「酒は百薬の長」とも言われ、体に良い体に良い飲み物として知られていました。

適量であれば、下記メリットがありますので、しっかりと量を抑えるようにしましょう。

血流が良くなる

最初のお酒のメリットしては「血流が良くなる」という点が挙げられます。

髪の毛が生える仕組みとして、そもそもが「毛母細胞が血液から栄養を受け取る」という流れによって発毛が行われます。そのため、飲酒することによって血流が促進されるのは、かなりメリットとなるんですね。

普段「血流が悪い・体温が低い」などの悩みを抱えている方には、とくに効果の大きい内容となります。

ストレス解消に繋がる

次のメリットとしては「ストレス解消に繋がる」という点です。

ストレスというのは「新陳代謝の悪化・自律神経への悪影響・不眠」などの影響があるため、髪の毛に対しては天敵です。そのため「お酒を飲むことによってリラックス出来る」という事であれば、お酒はかなり良い内容となるんですね。

私なんかはお酒が嫌いなため「飲み会」などは逆にストレスとなってしまいます。しかし「お酒が好きで、飲み会も大好き」という事であれば、育毛に対してはプラスとなります。

「適量を考えた上で、リラックス出来るお酒」を目指して、飲酒を行っていきましょう。

アルコールの育毛へのデメリット

お酒のデメリット

では次に「アルコールの育毛へのデメリット」を解説していきます。
血流やリラックス効果などの面でメリットのあったアルコールですが、具体的に悪い効果も存在しております。

適量を超えた飲酒の場合、下記のような内容が表面化してきますので、気をつけて下さい。

肝臓の負担増加でエネルギー負担UP

1つ目のデメリットが「肝臓の負担増加でエネルギー負担UP」となります。

そもそも、アルコールと言うのは肝臓で分解されるのですが、、、
その際に利用される成分というのが「システイン」と「メチオニン」の2つになります。

普段生活している際には、まず耳にする事の無い成分かと思いますが、実はこれらの成分と言うのは「髪の毛の元となるタンパク質」を作るための成分なのです。

つまり、仮に「お酒を飲み過ぎ」などの状態になってしまうと、上の2つの成分は「アルコールの分解」のみに注力をしてしまい「髪の毛の生成」ができなくなってしまうんですね。

一見関係していない「髪の毛」と「アルコール」ですが、実は「分解時点のエネルギー」という点で、かなり密接に結びついているのです。

糖分の過剰摂取

2つ目のデメリットが「糖分の過剰摂取」となります。

あまり普段は意識をしないかも知れませんが、実はお酒(特に梅酒)には、大量の糖分が含まれております。(詳しくは、下記表をご確認下さい)

糖分の割合
梅酒 21%
清酒 5%
ビール・発泡酒・ワイン(ロゼ) 4%
ワイン(赤・白) 2%
ジン 1%
焼酎・ウィスキー・ウォッカ 0%

そのため、飲み過ぎると血糖値が上昇し「血がドロドロの状態」となってしまうんですね。

血がどろどろの状態になってしまうと、当然ですが末端への栄養の供給効率が落ちてしまいます。つまり、頭皮へ十分な栄養を送れなくなってしまうわけです。

また、糖分にはそれ以外にも悪影響がありまして、、、
「ビタミンB2の不足」も同時に引き起こしてしまいます。

糖分を大量に摂取すると、体は「糖分を分解しないと!」といった感じで、ビタミンB2を消費してしまいます。すると、本来であれば「頭皮を適切な環境に保つ」という様な役割を持つビタミンB2が不足がちになってしまうんですね。

つまり、糖分の過剰摂取をしてしまうと「血流の悪化・ビタミンB2の不足」という2つがまとめて発生してしまうのです。これは明らかなデメリットとなります。

アセトアルデヒドの分解不足でDHT発生

3つ目のデメリットが「アセトアルデヒドの分解不足でDHT発生」となります。

そもそもアセトアルデヒドと言うのは、肝臓でアルコールを分解した際に発生する成分となります。毒性のある成分としても知られており、特に二日酔いの原因として挙げられます。

本来であれば、アセトアルデヒドは体内で分解が出来るんですが、多量の飲酒をしてしまうとそれに伴って大量のアセトアルデヒドが発生します。すると、その時点では分解が出来ないため、アセトアルデヒドが血液中に溶け出していってしまうんですね。

アセトアルデヒドが血中に溶け出す状態になってしまうと、育毛に対してマイナスに働いてしまうのです。

と言うのも、アセトアルデヒドが血中に入ると、DHTと呼ばれる「脱毛の原因」の生成を手助けしてしまいます。すると、かなり直接的に脱毛への手助けとなってしまうんですね。

育毛剤のメイン機能が「DHTの抑制」なわけですから、、、
この内容と言うのは、育毛剤の真逆で働いてしまうわけです。

具体的にどの程度のお酒ならOK?

ここまで、お酒のメリット・デメリットを解説してきました。
正直、、、、デメリットの方がちょっと強めの内容というのがご理解頂けたかと思います。

では、具体的にどの程度のお酒だったら、育毛へ問題が起きにくいのでしょうか。
厚生労働省の発表による「健康的なお酒の量」としては下記のようになります。

  • 男性 純アルコール10g-19g
  • 男性 純アルコール9gまで

極端に弱い体質などの場合、もちろん上の数値も変わります。
あくまでも1つの目安として捉えて下さい。

正式な数値としては上のようになるのですが、、、
正直「純アルコール◯◯g」と言われてもイメージがつかみにくいですよね。
そこで、下記表でお酒の種類ごとにわかりやすくご紹介していきます。

お酒の種類 純アルコールが約20gになる量
清酒 180ml(1合)
ビール 500ml
ワイン 200ml
焼酎 70ml
ウィスキー 60ml

こんな風に見てみると、、、正直お酒が好きな人は、ほぼ皆さん数値をオーバーしてしまっているのではないでしょうか。飲み会などを見てみても、ビールで2L近く飲んでいる人なんかも、よくいらっしゃいますしね。

ただ、「厚生労働省が定めて適量のお酒」というのは、上記のような内容となります。
「絶対に上の数値を守れ!」という程強い内容ではないですが、育毛習慣を身に着けていく上では、しっかりと意識をするようにしましょう。

せめてプラスの効果を持つお酒を飲もう!

また、上では「全般的なアルコール量」と言うのを解説をしていきましたが、実際にお酒を飲む際には「育毛へ少しはプラスの効果を持つお酒」を意識して飲むようにしましょう。

  • 柑橘系生搾りのお酒・・・柑橘系のビタミン・食物繊維などが有効
  • 日本酒・・・原料の1つである「麹」が、肌への抗酸化作用を発揮
  • レッドアイ・・・材料の1つであるトマトから、ビタミンやリコピンを摂取可能

もちろん、上のような内容というのは「比較的良い」という様な内容となります。
例えば、ビール単体で飲み続けるよりは、トマトジュースを加えて「レッドアイ」にした方が、まとめてビタミンなども摂取可能なため良いと言うことですね。

どうしてもお酒を飲みたい際には、せめて少しは工夫を行っていきましょう。
(参考サイト:事故車を購入しても大丈夫なのか詳しく解説しています

お酒と脱毛の関係性まとめ

育毛まとめ

以上が「お酒と脱毛の関係性」となります。

かなり色々と解説をしてきましたが、、、
「ある程度の量であれば問題がない」と言う事を、ご理解頂けたのではないでしょうか。

育毛を考える際には、どうしても生活のあらゆるポイントが気になってしまいます。
しかし、実際にはそういった細かいポイントの積み重ねよりも「DHTの退治」の方が遥かに育毛に対しては効果が大きいんですね。

「育毛に対してあらゆる行動を行い、その上でお酒を断つ」という事であれば素晴らしいのですが、「現時点で育毛に対して何もやっていない」という事であれば、お酒を飲む前に、まずは育毛剤などを利用していきましょう。

最高の育毛への近道は「育毛商品の使用」である事は間違いなしです!

下のリンクは、現時点で育毛仮面が最もオススメする商品となります。
価格と効果・おまけ等のバランスが最高ですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!