1. ホーム
  2. 無料育毛法
  3. 食事療法
  4. ≫育毛に効果のある食事を理解し、食生活を改善しよう!

育毛に効果のある食事を理解し、食生活を改善しよう!

育毛食事

当ページでは、育毛と食事の関係性について解説をした上で「食べていいもの・いけないもの」などについて解説をしていきます。

当サイトは様々な方にご覧になって頂いているのですが、、、
残念ながら「食事までしっかりと気を使う」という事は、なかなか皆さん徹底が出来ていないんですね。

もちろん「◯◯を食べれば、すぐに発毛」と言った様な簡単な事ではないのですが、そうは言っても食事というのは育毛に極めて重要になります。是非、内容をご確認の上、育毛に活かしてみてください。

そもそも・・・髪の毛って何で出来てるの?

shokuzi01

育毛と食事の関係を理解するために大事になってくるのが「髪の毛の成分」となります。

当然の話になるのですが「髪を生やす」という事を実現するためには、そもそも「髪の毛の元となる成分」を摂取しなければなりません。そのためにも「髪は何からできているのか」というのは、極めて重要になってくるんですね。

では具体的に「髪の毛は何からできているのか」と言うと、、、
答えは「ケラチン」という成分になります。

では、そんなケラチンの詳細について解説をしていきます。

ケラチンの詳細について解説

そもそも「ケラチン」と言うのは、タンパク質となります。
18種類のアミノ酸が結合する事によって作られる、タンパク質となるわけですね。
(具体的には、シスチン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などから作られます)

こんな風に「ケラチンが髪の原料である」という事をお伝えすると、人によっては「直接ケラチンを摂取できないか・・・?」なんて風に考えるかもしれません。

ただですね、、、残念ながら、ケラチンというのは「体内で生成されるタンパク質」になりますので、外から摂取をすることは出来ないんですね。

つまり「髪の元(ケラチン)は直接摂取できない」ため「髪の元(ケラチン)の元になる成分(18種類のアミノ酸)」を摂取する必要があるという事です。

いくら育毛剤などを利用したとしても、こういった超基礎の部分が抜けてしまっていた場合、、、育毛を果たすことが出来ません。そのため、まずはこう言った基礎の部分をしっかりと抑えていきましょう。

育毛に効果的な食べ物を紹介

shokuzi02

では、育毛に効果的な食べ物について詳細を解説していきます。
どれも「バランス良い食生活」を心がければ摂取できる物ばかりなのですが、、、外食中心だと少し難しいかもしれません。

ただ、普段から頭に入れておき、ちょっとしたタイミングで摂取をするだけで大分変わりますので、是非意識を払っていきましょう。

緑黄色野菜でビタミンAを摂取!

まず最初にご紹介したいのが「緑黄色野菜」となります。
「体に良い食べ物」としても一般的な緑黄色野菜ですが、育毛においても極めて効果的な内容になってくるんですね!

緑黄色野菜

そもそも、緑黄色野菜を食べる事で摂取出来るビタミンAは「新陳代謝を促し、頭皮環境を改善する」という効果を有しています。ある意味基本となる成分ですので、本当に重要なんですね。

一般的に食べ物は「色の濃い食べ物は栄養が一杯」と言われていますが、緑黄色野菜はその前提にピッタリと乗っかっています。例えば、かぼちゃやニンジン・ピーマンなど、、、
どれも色が濃くて、かつ栄養素もたっぷり含まれています。

これらの食べ物を食べればビタミンが摂取出来るのですが、一点注意をしてもらいたいポイントがあります。それが「ビタミンAは熱に弱い」と言う点ですね。

緑黄色野菜を「茹でる」などの調理法で行った場合、茹で汁の方に栄養素がしみだしていってしまいます。(更には、その茹で汁を捨てた場合は、摂取が不可能となります。)

そのため、緑黄色野菜からビタミンAを摂取したいなら「茹で汁まで飲めるスープ」であったり「サラダで食べる」などの方法で摂取をしていきましょう。

青魚でビタミンB6を摂取!

次にご紹介する食材が「青魚」となります。
青魚も、一般的には体に良い食材と言う認識かと思いますが「ビタミンB6の豊富さ」という点で育毛においてもオススメできる食材となります。

saba

ビタミンB6は、ケラチンを作るのに必須の成分というだけでなく「血液を作る」などのも効果においても、育毛に重要な成分となるんですね。(血液によって栄養素が運ばれるので、極めて重要となります。)

普段、スーパーなどで安く購入が出来る「アジ」や「サバ」などに、ビタミンB6が豊富に含まれているため、ちょっとした一品足しなどの感じで摂取をしていきましょう。

サンマや鮭でビタミンDを摂取!

次にオススメをしたいのが「サンマや鮭」となります。
上の青魚と異なり、これらの魚には「ビタミンD」が豊富に含まれております。

鮭

実は最近、、、アメリカでは、この「ビタミンD」に注目が集まっています。
なんと2012年に発表をされたウォール・ストリート・ジャーナルのレポートの中で「ビタミンDが”活動をやめてしまった頭皮の細胞”を復活させる効果を有している」という内容が紹介されたのです。

上の発表が2012年となりますので、その後各国(日本を含む)において、様々な実験が行われてきました。すると、上の内容を支持する、様々な結果が出てきました。

ただ、こういった実験というのはかなり時間がかかるため、2016年現在においても「まだ研究中」となります。しかし、現時点でも「食べることは体に良い」と言うのは、ほぼ確定しているため、積極的に食べるようにしましょう。

牡蠣・イワシなどで亜鉛を摂取!

次にご紹介するのが「牡蠣・イワシ」となります。
これらの食材というのは「亜鉛」が豊富に含まれております。

牡蠣

「亜鉛が頭皮に良い」なんてセリフはどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、実際に「タンパク質の合成を助ける」と言う点で、極めて重要な役割を担っているのです。

そもそも、私達の髪の毛というのは、上の方でご紹介したように「ケラチン」から出来ております。このケラチンを作るためには、多種多様な成分が必要なのですが、、、
それらの「生成を助ける」という効果が、亜鉛にはあるわけです。

つまりは、育毛のための「ブースト剤」的な役割を担っているわけですね。

それ以外にも、牡蠣は「海のミルク」とも言われる程、栄養素が豊富になっておりますので、是非積極的に摂取をしていきましょう。

ネギ科を食べて血液をサラサラに!

最後にご紹介するのが「ネギ科の食品」となります。
普通のネギだけでなく、玉ねぎなども育毛にプラスの効果を有しています。

玉ねぎ

その具体的な効果としては、特に「血液をサラサラにする効果」が挙げられます。
「玉ねぎ=血液サラサラ」なんて言うのは他でもよく言われている話ですが、それが間接的に育毛においても効果的な内容となるんですね!

そもそも、私達の発毛メカニズムの中に「血流が栄養素を運ぶ」という物があります。
そのため、血流が玉ねぎによってサラサラになれば、より多くの栄養素を運ぶことが出来、発毛に役立つという事です。

こちらも熱すると成分が壊れてしまいますので、水に浸して辛味などを取り、サラダにして召し上がってみてください。

育毛に良くない食材

shokuzi03

では次に「育毛に良くない食材」について解説をしていきます。

上の様な「育毛に役立つ食材」というのは積極的に摂取していく必要があるのですが、それと同様に「育毛に良くない食材を避ける」という事が重要になります。ついつい手が伸びてしまう食材がNGとなりますので、しっかりと意識をするようにしましょう。

ラーメンなどの塩分が多い食べ物

まず第一に挙げられるのが「ラーメンなどの塩分が多い食べ物」となります。

lamen

「美味しいけど体に悪い」という事で有名なラーメンですが、実は育毛に対してもかなりマイナスの効果を発揮してしまうんですね・・・。

そもそも「ラーメンが体に悪い食べ物」といわれる原因としては「高い塩分と油の量」が挙げられます。人の体というのは、適切な塩分量というのが決まっているため、あまりにも塩分を過剰に摂取すると「この塩分を輩出したい!」という生体反応が働き、それが血液に負担をかけてしまうのです。

そして、この動きが血流と密接な関係を持つ「髪の毛」にも悪影響となるわけですね。

理想を言えば「ラーメンなどを食べない」という事がベストですが、どうしても食べたい場合は「スープは一切飲まない」など、意識をして食生活に取り組んでみてください。

アルコール類

食べ物とはちょっと外れるのですが、、、
「アルコール類」も髪の毛に悪い物だと言えます。

アルコール類

アルコールは良く「飲む量によってプラスにもマイナスにもなる」と言われていますが、その考え方が育毛に対しても適応出来るんですね。

たしかにお酒というのは、少量であれば、血流の促進などからプラスの効果がたしかに見込めます。しかし「多量の飲酒」を行ってしまうと、体のアミノ酸を消費しすぎてしまうため、育毛にマイナスとなってしまうんですね。

ここは大事なポイントなので詳しく解説をしていきますが、、、
そもそも、私達の髪の毛というのは「18種類のアミノ酸」からできています。(詳しくは当ページの上の方をご確認下さい)

そのため、体内に適切な量のアミノ酸を確保することが重要になるのですが、お酒を飲むことによって、その重要なアミノ酸を消費してしまうのです。なので「お酒を飲む」という事は、かなり直接的に育毛へ悪影響を及ぼしてしまうんですね。

「どうしてもお酒を飲みたい!」という方は、適量を意識して飲むようにしましょう。

育毛に役立つ「食事の正しい食べ方」とは

ikumou04

では次に「食事の正しい食べ方」を解説していきます。
子供の頃から、様々な場所で「正しい食べ方」を聞いたことがあるかと思いますが、本当に体に対して重要な効果を持っているんですね!

「体に良い物」を「正しい食べ方」で食べれば効果的ですので、是非頭の中に入れておいて下さい。

就寝前3時間は食べない

最初のポイントが「就寝前3時間は食べない」という事です。
ダイエットなどで広く言われている事ですが、育毛においてもこの考えは重要になります。

そもそも、私達の体というのは食事の後、お腹に収めるまでに一定の時間を要します。

しかし、その「お腹に収めるまでの時間」に睡眠をとってしまうと、体のバランスを崩してしまうんですね。(具体的には、消化・吸収・代謝などにマイナスとなります)

昔から「食べてすぐ寝ると豚になる」なんて言うセリフが言われたりしますが、それは日本人古来からの経験則となります。育毛においても、明らかにマイナスに働いてしまいますので、しっかりと控えるようにしましょう。

夕食の食べ過ぎ

次のポイントとして挙げられるのが「夕食の食べ過ぎ」となります。
特に、この「夕食の」という部分がポイントとなります。

正直、ランチというのは、多少食べ過ぎてしまったとしても、その後いくらでも調整が効きます(夜のご飯の量を減らしたりも出来るわけですからね)

しかし、夕食を食べ過ぎてしまった場合、かなり直接的に「過食」となってしまいます。
すると体に負荷がかかり、育毛の阻害にも繋がってしまうわけですね。

是非一度ご自身の「カロリー摂取量」などを調べてみて、理想の食事量を検討してみてください。

三角食べを意識しよう

最近ではあまり言われなくなったのですが、、、
「三角食べ」というのは、健康を考える上で重要となります。

そもそも、三角食べと言うのは「ごはん → 主菜 → 副菜」などの流れで、順番に食事をしていく事を言います。教育現場においては、1970年頃から「体に良い食べ方」という事で、教育に取り組まれてきました。

三角食べを行うと、必然的に体にフィットした形で食事の摂取が出来るようになります。普段「三角食べが出来ていない」という事であれば、この機会に見なおしてみてください。

まとめ~育毛は総力戦である!

matome

以上が「育毛と食事の関係性」となります。
毎日の生活に密着していて、かつ育毛に対して効果的なポイントをご理解頂けたのではないでしょうか。

育毛を本気で考えているなら、是非「育毛は総力戦である」という点を胸に刻んでもらいと思います。「食事だけ」でも「育毛剤だけ」でも「睡眠改善だけ」でもダメで、様々な角度から多角的に取り組むことによって、超効果的な育毛を実現出来るわけですね!

もちろん、育毛の中心は「育毛剤」ですので「正しい育毛剤」は絶対に外すことが出来ません。当サイトでご紹介しているような育毛剤を使った上で、更に食生活などを見直し、育毛を実現していきましょう。

最新のオススメ育毛剤はこちら!