1. ホーム
  2. 無料育毛法
  3. 生活習慣
  4. ≫ストレスによって生じる脱毛の原因と対策法を解説!

ストレスによって生じる脱毛の原因と対策法を解説!

ストレス性脱毛

最近では広く言われるようになりましたが「脱毛」と「ストレス」にはかなり密接な関係があります。生活習慣や食生活などの問題がなかったとしても「ストレス」が原因になり、脱毛が発生してしまうんですね。

そこで当ページでは、ストレスによる脱毛発生のメカニズムと、その対策法について解説をしていきます。是非詳細をご確認下さい。

関連ページ

単純なストレスによる脱毛を超えた「円形脱毛症」に関しては、下記リンクにて詳細を解説しています。円形脱毛症の原因・治療法について徹底解説

「ストレスによる脱毛」の詳細をご紹介

ストレス性脱毛

では、具体的に「ストレスによる脱毛」を解説していきたいのですが、、、
これらを理解するためには、そもそもの「自律神経などの知識」が必要になってきます。

そこで、下記のような流れにて解説をしていきたいと思います。

  • 自律神経って一体何?
  • ストレスが加わることにより、自律神経が乱れます
  • 自律神経の乱れが脱毛に繋がる流れ

どの流れも極めて重要になりますので、是非詳細をご確認下さい。

自律神経って一体何?

脱毛には「自律神経」が極めて密接に関わりあってきます。
この「自律神経」というのは、私達の神経を表すのですが、大きく分けて「交感神経」と「副交感神経」に分けることが出来ます。

自律神経

そして、この2つの神経というのは「シーソーのような関係」になるため、片方が優位になると、もう片方が働かないような状況になるんですね。

jiritu-midare02

普段生活をする際には気にしないかもしれませんが、私達の体というのはこんな風にバランスを取りながら成り立っているのです。

ストレスが加わることにより、自律神経が乱れます

私達の神経というのは、上でご紹介したような微妙なバランスの上で成り立っています。

しかし、、、大きく分けて「4つのストレス」を浴びることにより、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。(下に、その4つのストレスを記載します)

発生原因
精神的ストレス 単純に「嫌なこと」などの、精神的な影響によって生じるストレス。
構造的ストレス 骨盤・背筋などの体の歪みによって生じるストレス。
科学的ストレス 栄養素の過剰や不足などによって生じるストレス。
環境のストレス 極端な高温、低音などの気温への不快感によって生じるストレス。

現代はかなり生活の質が上がってきているため「環境のストレス」や「科学的ストレス」などは、あまり発生しません。、しかし、その代わりに「精神的ストレス」や「構造的ストレス」はかなり生じやすくなってしまうんですね。

そして、これらが生じることで、自律神経が乱れてしまうのです。

自律神経の乱れが脱毛に繋がる流れ

では、自律神経が乱れてしまった場合、どのような流れで脱毛が生じるのでしょうか。

まず、自律神経が乱れ「交感神経が優位」の状態になってしまった場合、末端の毛細血管が収縮され、血圧が上昇をしてしまいます。すると、頭皮近くの毛細血管まで収縮されてしまい髪に栄養が行き届かなくなってしまうため、脱毛が生じてしまうのです。
(下にわかりやすく図にしておきます)

脱毛への流れ

また交感神経が優位な状態というのは「発汗を促す作用」も有しています。一見すると発汗というのは体に良さそうですが、同時に皮脂も分泌されてしまうため、毛穴をつまらせる効果が出てしまうんですね。

つまり、、、まとめると「自律神経の乱れ」によって、下記問題が生じてしまいます。

  • 毛細血管が収縮する事で、十分な栄養が頭皮にいかなくなる。
  • 皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まってしまう。

本当に「ストレス」と言うのは、ダイレクトに脱毛へと誘ってしまうんですね。

ストレスによって生じた脱毛の対処法について解説

ストレス性脱毛

では、具体的に上のような感じで「ストレスによる脱毛」が生じてしまった場合、、、
どのように対処をしていけばいいのでしょうか。

順番に「やるべき対処法」について解説をしていきますので、是非参考にしてみて下さい。

病院での受診を検討しよう

まずは、自分自身の脱毛症を客観的に見てみて「どのような状況か」を判断します。
具体的には「一般的な脱毛」か「急激な脱毛」かを判断しましょう。

datumou
長野医院より引用)

仮に、ストレスを原因として、上の写真の左側のような脱毛が生じてしまった場合、、、
すぐに病院に行くようにしましょう。

一般的に、脱毛というのは数ヶ月~数十年かけて、ゆっくりと進行をしていきます。しかし、短期間で上のような脱毛が生じている場合、ほぼ確実に体に異変が生じています。

このような状態になってしまった場合「単純に髪を生やす」という事以前に、そもそも体の不調を直さなければなりません。(体の重大な不調のサインの可能性もあるので・・・)
そのため、病院に行くことが極めて重要になってきます。

また、世間一般では「ストレスでの脱毛は円形脱毛症」なんて風に思われていますが、実は「ストレス性」の場合、上のような斑目上の脱毛も発生してしまいます。円形・斑目どちらにしても体に不調が生じていますので、やはり受診をおすすめしています。

通常の「ストレス性の脱毛」だった場合

上のような「超急激な脱毛」だった場合、病院に行く必要がありますが、もう少し軽度の「ストレス性の脱毛」だった場合、、、どのように対処をすればいいんのでしょうか。

このような状況の場合は、下記2つの対応が考えられます。

  • ストレスの原因を取り除く←できたら最高
  • 余暇などで、少しでも回復できるような状況にする

やはり理想的な解決策としては「ストレスの原因を取り除く」となります。
転職や、環境の変化などを行うことで「ストレスの軽減」が出来るようになれば、当然ですが育毛に関してもプラスに働きます。

しかし、、、残念ながら、大半の人にとって「ストレスの原因を取り除く」というのは厳しいと思います。(そんな簡単にストレスが消えたりしませんからね。)

そこでオススメとなってくるのが「余暇などでの別の回復方法の発見」となります。

例えば趣味に没頭したり、睡眠時間を多く取れるように工夫したり、通勤の方法を自転車に変えたりなど、、、とにかく「少しでも回復出来るような行動様式にしていく」という事が重要になってくるんですね。

ハッキリ言って現代人は消耗をしすぎです。
そして、その「消耗」が体にまで悪影響を与えてしまっているのです。

体と頭皮の解決のためにも、是非ストレスの軽減を真剣に考えてみてください。

基本はやっぱり「普通の育毛活動」です!!

ストレス性脱毛

ここまで長々と解説をしてきましたが、、、
結局の所、重要になってくるのが「普通の育毛活動」となります。

もちろん、体に不調をきたすレベルの重大なトラブルがある場合は「病院での診断」を最初に行う必要があります。しかし、そうではなくて「ちょっとストレスを抱えていて、抜け毛が気になる」と言う程度でしたら、地道な育毛活動が重要になってくるんですね。

ストレスはたしかに髪の毛に悪影響を与えていますが、それ以上に「DHT」などが、脱毛には深刻な影響を及ぼしていることが大半です。

normal
仮に、あなたの脱毛が「一般的な男性型脱毛(AGA)」だった場合、いくらストレスを軽減しても、直接的な育毛にはつながりません。

そうではなくて「育毛製品を利用した育毛活動」が何よりの解決策になるんですね。
ストレスなどを軽減するための生活習慣を前提とした上で、下記の様な育毛製品をしっかりと利用していきましょう。

最新のオススメ育毛剤はこちら!