1. ホーム
  2. 育毛剤情報
  3. 育毛成分の解説
  4. ≫アロエ育毛剤の作り方とは!育毛・発毛効果を口コミしています

アロエ育毛剤の作り方とは!育毛・発毛効果を口コミしています

aloe-top

あなたは「アロエ育毛剤」という物を知っていますか?
少し前に巷で話題になった物なのですが、、、家で比較的簡単に作れるという事もあり、かなり人気を博していました。

そこで当ページでは、そんな「アロエ育毛剤」について解説をしていきます。
「作り方・効能」をメインに解説しておりますので、是非参考にしてみてください。

アロエの基礎知識について解説

では、具体的な「アロエ育毛剤の作り方」について解説をしていく前に、まずは「アロエの基礎知識」から解説をしていきます。

最近の日本では、特に「アロエヨーグルト」として有名なアロエですが、実はその歴史はかなり古く、紀元前頃の古代オリエント時代には既に栽培されていたと言われています。

ori
(こう言った時代から使われていたわけです)

また、その後も世界中で使用されていた記録が残っており、中国においては明王朝時代に編纂された「本草綱目」にも登場しております。(ちなみに、日本では江戸時代の医学書がアロエ記載の最初だと言われています。)

こんな風に様々な場所で利用されている事からも、アロエの持つ「効果の高さ」という物が見て取れます。

ちなみに、今では様々な美容効果に注目の集まっているアロエですが、元々は「傷の治癒力」に注目が集まっていました。「切り傷にはアロエを」と言った感じで、殺菌剤のような役割を持っていたわけなんですね。

アロエの持つ具体的な育毛効果とは

では、こんな風に効果の高いアロエですが「具体的な育毛効果」としては、どういった内容が期待できるのでしょうか。

細かい効果としては色々と挙げられますが、、、
特に重要になってくるのが「頭皮環境を整える効果」となります。

アロエには大きく分けて「保湿効果・抗菌効果」が含まれております。そのため、それらを組み合わせた「頭皮環境を整える効果」がかなり期待出来るわけなんですね。

もちろん、一般的な育毛剤などにも上記のような効果は含まれています。
しかし、単純な「能力の高さ」としては、やはり作りたてでフレッシュなアロエ育毛剤の方が勝る内容となるのです。

「直接的な育毛効果」は含まれていないため、要注意です!

また「アロエ育毛剤」と聞くと勘違いをしてしまいそうなのですが、、、
残念ながら、アロエには「直接的な育毛効果」というものはありません。

そもそもが「保湿効果・抗菌効果」を期待して利用するものになりますので、「直接的な育毛の効果」というのは全く期待が出来ないんですね。(具体的に言うと「DHT(ハゲの原因)の抑制」という物が、期待できない内容となります)

そのため、アロエ育毛剤を利用する際には「育毛効果を期待する」のではなく「頭皮環境を整える」という事を念頭に利用していきましょう。

アロエ育毛剤の概要について解説

aroe-01

では、具体的な「アロエ育毛剤の作り方」について解説をしていく前に、、、
ちょっとアロエ育毛剤の概要を解説していきたいと思います

様々な場所で紹介されている「アロエ育毛剤」ですが、その配合としては大きく分けて下記2つにわける事ができます。

  • 通常のアロエ育毛剤
  • アルコールフリーのアロエ育毛剤

基本的には「通常のアロエ育毛剤」がオススメですが、アルコールがちょっと苦手という事であれば「アルコールフリー」の作り方を試してみてください。

事前準備!アロエを購入しよう

また、当然ですが、アロエ育毛剤を作り始める前は、そもそもアロエ本体を買ってこなければなりません。

具体的には「キダチアロエ」という品種を購入するようにしましょう。

キダチアロエ

ちょっと大きめの園芸店などに行けば購入することが出来ますが、それ以外にもネットなどで購入することも出来ます。(大体1000~3000円程度)

ただ、ネットで購入をすると送料などがかかってしまいますので、時々やってる「園芸店のセール」などを狙って購入する事がオススメです。

通常のアロエ育毛剤の作り方

aroe-02

では「通常のアロエ育毛剤の作り方」について解説をしていきます。
こちらの作り方に関しては、大きく分けて3つのステップに分けることが出来ます。

  • アロエを適切なサイズにカット
  • 焼酎orホワイトリカーでの漬け込み
  • 冷暗所にて補完&完成

では、それぞれのステップの詳細について、解説をしていきます。

アロエを適切なサイズにカット

まずは、キダチアロエを角切りにしていきます。
正確な角切りでなくても良いので、大体5mm四方程度で切っていって下さい。
尚、カットのタイミングでは皮はそのまま付けておきましょう。

焼酎orホワイトリカーでの漬け込み

上のステップで切ったアロエを「焼酎orホワイトリカー」に漬け込みましょう。
漬け込み方は正直どのような方法でも良いのですが、、、
いまいちわからない場合は「果実酒」などの作り方を参考にしてみてください。

私が以前作った際には「大きめのタッパーにアロエ&ホワイトリカーで漬け込む」という方法で制作しました。

冷暗所にて補完&完成

漬け込みが完成したら、冷暗所(冷たくて・暗い場所)に置くようにしましょう。
地下室などがある場合は、そちらに置いていただき、仮にそういった場所が無いようであれば冷蔵庫で保管をしてください。1ヶ月程度の漬け込みで完成となります。

また、完成した後は「プッシュ式のボトル」に入れる事がオススメとなります。

アロエ育毛剤

こういったボトルであれば、お風呂あがりなどに簡単に利用を出来ますので、是非使ってみてください。(こちらのアロエ育毛剤の場合、大体1ヶ月程度の使用期限となります。完成後も温度・湿度が適切な場所に保管するようにしましょう。)

アルコールフリーのアロエ育毛剤の作り方

aroe-03

では次に「アルコールフリーのアロエ育毛剤の作り方」について解説をしていきます。
こちらの場合、上のような「焼酎・ホワイトリカー」などを使わないため、下記のような内容にて制作をする流れとなります。

  • アロエをミキサーなどで粉々に
  • 粉砕したアロエを鍋に移して30分煮込む
  • 冷蔵庫で保管&頭皮に塗りこみ

では、それぞれ詳細を解説していきます。

アロエをミキサーなどで粉々に

上の「アルコール漬け込みタイプ」のアロエ育毛剤は5mm四方にカットでしたが、アルコールフリーの場合粉々にしてください。

ミキサーやフードプロセッサーなどを利用して、細かく砕いていきましょう。
基本的な引っ掛かりがなくなるくらい砕けば完了です。

粉砕したアロエを鍋に移して30分煮込む

次に、砕いたアロエを鍋に移して30分間煮込んで下さい。
ある程度煮込み、成分が出たことがわかったら、コーヒーフィルダー(ろ過紙)などを利用して、ろ過していきます。

取り除いだアロエ(固体)に関しては、処分していただいて構いません。

冷蔵庫で保管&頭皮に塗りこみ

ここまできたら、余熱を取り冷蔵庫で保管をすれば完成です。
仕上がりとしては、ちょっとドロッとしたペースト状の仕上がりとなります。

そのため、お風呂あがりなどのタイミングで頭皮に塗りこむようにマッサージしながら利用していきましょう。

アロエ育毛剤のまとめ

アロエ育毛剤まとめ

以上がアロエ育毛剤の効能&作り方となります。

たしかに「保湿効果」などの面では期待が出来るアロエ育毛剤ですが、残念ながら防腐剤などが含まれていないため、1ヶ月以上はもちません。(季節・環境によっては2周間程度で使用不可となります)

そのため「作ってみたいだけ」という興味目的であればいいのですが、純粋に「育毛を果たしたい」という目的であれば、市販の育毛剤を購入した方が安上がり&高効果となります。

本気で育毛を目指すのであれば、やはり下記のような育毛剤の利用がオススメです。
是非、検討してみてください。

下のリンクは、現時点で育毛仮面が最もオススメする商品となります。
価格と効果・おまけ等のバランスが最高ですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!