1. ホーム
  2. 育毛剤情報
  3. 育毛成分の解説
  4. ≫L-システインの育毛・発毛効果を徹底解説!

L-システインの育毛・発毛効果を徹底解説!

Lシステインの育毛効果

あなたは「L-システイン」というアミノ酸を知っていますか?
育毛にも欠かせないという事で、最近かなり注目を集めている成分となるのですが、、、
細かい点に関してはよくわかりませんよね?

そこで、当ページではL-システインの基礎知識や成分について解説をしていきます。
是非内容をご確認の上、参考にしてみてください。

L-システインって何?基礎知識から解説

Lシステインの基礎知識

では最初にLシステインの最も基本的な内容から解説を行っていきます。
Lシステインを理解する際に、まず抑えて頂きたいポイントとしては「L-システインは髪の毛の基礎成分の1つである」という事です。

そもそも私達の髪の毛を精査してみると、99%がケラチンというタンパク質によって構成をされています。そして、この「ケラチン」の中身を見ていくと、18種類のアミノ酸が結合されていて、その内の14~18%を占めているのが、L-システインとなるのです。

ケラチンの生成要素

L-システイン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸、セリン、アスパラギン酸、スレオニン、メチオニン、トリプトファン、フロリン、グリシン、チロシン、バリン、アラニン、フェニールアラニン、リジン、ヒスチジン、ヒドロキシプリン

そのため、Lシステインが不足する状況になってしまうと、かなり直接的に発毛へと悪影響が生じてしまいます。具体的には、細く切れやすい髪が育ちやすくなってしまうんですね。

このような事態にしないためにも、L-システインの摂取は極めて重要となってくるのです。

Lシステインには抗酸化作用もあり

また、上のように重要な効果を発揮してくれるLシステインですが、それ以外に「抗酸化作用」等の効果が挙げられます。

抗酸化作用とだけ聞いても、あまりしっくり来ないかもしれませんが、、、具体的に、私達の老化に対して効果を発揮してくれるのです。私達の体というのは、老化とともに酸化をしていってしまいます。しかし、上のような「抗酸化作用」が働くことによって、そのような老化を鈍らせることが可能になるんですね。

「Lシステインを摂取するだけで発毛」と言った簡単な内容ではありませんが、育毛に向けたサポート的な内容として効果を発揮してくれる内容となります。

体内におけるLシステインの「その他の効果」とは

このように「髪の基礎成分」として挙げる事が出来るLシステインですが、実は他にもプラスの効果を有しています。

その効果として挙げられるのが「アセトアルデヒドの分解」となります。
アセトアルデヒドというのは、飲酒をした際に体内に発生する成分で「二日酔いの原因」といえるような内容となるのですが、それを分解する効果があるんですね!(人によっては、本当に心強い内容だと思います)

このように、様々な事に力を発揮してくれるLシステインですが、その分「体内で不足する」という事が比較的起こりやすい成分となります。体内で不足するとかなり直接的に育毛に影響が出てしまいますので「Lーシステインを欠かさない」という事は、極めて重要な内容になってくるんですね、

Lシステインの摂取方法を解説

Lシステインの摂取法を解説

では次に「Lシステインの摂取方法」を解説していきます。
このように育毛において極めて重要な効果を持っているLシステインですが、具体的には下記のような内容にて摂取する事が可能になります。

  • 食材からの摂取
  • メチオニン摂取による体内での生成
  • サプリメントによる摂取

では、それぞれ詳細について解説を行っていきます。

食材からの摂取

まず、最も自然かつオススメの内容となるのが「食材からの摂取」となります。
様々な方法で摂取できる成分だったとしても、やはり「食材からバランスよく摂取する」というのが何よりも効果的な内容となるんですね。

では、具体的にLシステインが多く含まれている食材を見てみると、、、下記のような内容になります。

Lシステインの多い食材

ニンニク・玉ねぎ・ブロッコリ・芽キャベツ・唐辛子

こうやって見てみると、特定の食材にしか含まれていない内容ではなくて、様々な食材に含まれている事がご理解いただけると思います。そのため、常日頃から「バランスの良い食生活」が出来ていれば、しっかりと摂取出来る内容になるんですね。

メチオニン摂取による体内での生成

上のような「間接的な摂取」以外には「メチオニン摂取による間接的な生成」が挙げられます。実は、Lシステインと言うのは体内でも生成出来る成分となっているんですね。

つまり、下記のような食材を食べることでメチオニンを摂取すれば、そのメチオニンによってLシステインを生成することが可能になるのです。

メチオニン含有の食材

鶏肉、牛肉、羊肉、マグロ、カツオ、牛乳、チーズ、豆腐、納豆、ナッツ類

このように「摂取可能な食材」を見て頂ければわかるのですが、メチオニンに関しても多種多様な食材に含まれています。つまり、Lシステインを生成したければ、直接的&間接的にバランスの良い食生活を取ることが極めて重要になるのです。

サプリメント等による摂取

上のように「バランスの良い食生活」が出来ていればLシステインは摂取可能です。
しかし、普段の食生活などを思い返してみて、あまりバランスの良い食生活を出来ていない場合、サプリメント等での摂取を検討してもいいかもしれません。具体的には、下記のような内容に当てはまった場合、摂取を検討してみてください。

  • 偏食の自覚がある
  • 普段飲み会が多く、バランスの良い食事が出来ていない

上のような内容に当てはまる場合、その原因から解決できれば一番良いのですが、、、
現実にはそうはいかないこともあるかと思います。

そのため、上のような状況に当てはまる場合は、可能な限りサプリメント等で補っていきましょう。

Lシステインの注意点を解説

Lシステインの注意点を解説

では次に「Lシステインの注意点」をお伝えしていきます。
今まで解説したように、かなり効果を発揮してくれるLシステインですが、実際に摂取をする前には下記のような内容を把握しておきましょう。

  • Lシステインの副作用とは?
  • 摂り過ぎに注意?システインの推奨摂取量は?

では、更に詳細を解説していきます。

Lシステインの副作用とは?

ここまで読んで頂ければ「Lシステインの効能」をご理解いただけると思います。
ただ、、、残念ながら1点重大な副作用が存在しています。

それが「白髪が増加する」という内容です。

Lシステインには「メラニンの生成を抑える」という効果があり、そのプラスの面を見ると、美白などの効果が挙げられます。しかし悪い点が如実に現れてきてしまうと、白髪が増えるなどの症状が出てきてしまうんですね。

最近では、Lシステインを摂取する際に「その副作用を抑える用の薬」としてビオチンなどに注目が集まってきています。(ちなみに、このビオチンには副作用は存在していません)

ビオチンの摂取は必須ではありませんが、摂取をしない場合は「副作用のリスクがある」という事をしっかりと抑えておきましょう。

摂り過ぎに注意?システインの推奨摂取量は?

また、Lシステインを摂取する際には「摂取量」に気を払って頂きたいと思います。
現時点では、日本ではLシステインの摂取量が設定されていないのですが、WHO(世界保健機構)によって推奨の摂取量が制定されております。

この摂取量が少しわかりにくい表記となっていて、Lシステインの項目に関しては、その原材料である「メチオニン」との合算摂取量を持って計算する内容となります。
もし正確に計算を行う際には、Lシステインだけでなく、メチオニンにも注意を払った上で計算をしていきましょう。

体重 Lシステイン+メチオニン
40kg 600mg
45kg 675mg
50kg 750mg
55kg 825mg
60kg 900mg
65kg 975mg
70kg 1050mg
75kg 1125mg
80kg 1200mg

基本的には、是非上の摂取量を目指して摂取を行っていきましょう。
(多すぎても、少なすぎてもダメな内容となります)

Lシステインのまとめ

Lシステインのまとめ

以上が、Lシステインのまとめとなります。
ここまで読んで頂ければLシステインに関する基本的な知識から、その摂取法まで大体はご理解いただけたかと思います。

また、あなたが本気で育毛を目指すなら、単純にLシステインの摂取量だけを気にするのではなく、もっとトータルで育毛を考えていくようにしましょう。育毛というのは、普段の生活習慣や食事、育毛剤などのトータル面からケアを行っていく内容となります。そのため、様々な内容を気にしなければならないんですね。

特に「育毛剤の利用」と言うのは何よりも重要な内容になってきますので、育毛を考えるならまず最初に利用を考えていきましょう。あなたの育毛成功を祈っています!

下のリンクは、現時点で育毛仮面が最もオススメする商品となります。
価格と効果・おまけ等のバランスが最高ですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!