1. ホーム
  2. 有料育毛法
  3. 育毛薬
  4. ≫飲む育毛剤(育毛薬)の種類と効果を徹底的に解説

飲む育毛剤(育毛薬)の種類と効果を徹底的に解説

top1

飲む育毛剤(育毛薬)とは、具体的にどのような種類・効果となっているのでしょうか。
当ページでは一般に普及している育毛薬の詳細についてお伝えしていきます。
是非この機会に、知識の曖昧な部分を整理してみて下さい。

飲む育毛剤って何?育毛製品の定義について再解説

育毛製品の定義を解説

では最初に「育毛製品それぞれの定義」からお伝えしていきます。
最近では様々な育毛製品が発売をしていますが、その定義が曖昧になってしまっているため、育毛初心者にはわかりにくくなってしまっております。

そこで、まずは下記表にて、詳細をご理解下さい。

育毛剤 育毛サプリ 育毛薬
商品画像 chapu boston ミノキシジル
どんな商品? 頭に塗布する育毛剤 育毛成分摂取のサプリ 脱毛を予防する薬
購入法 通販にて購入可能 通販にて購入可能 病院にて処方

この中で、特に混同しがちなのが「育毛サプリ」と「育毛薬」だと思います。
両方共「飲んで利用する」という点からすると同じですからね。

ただ、育毛薬が「処方箋をもらって手に入れる薬」なのに対して、育毛サプリは簡単に通販等で購入出来る薬となっております。「◯◯の方が絶対に優れている!」という事は無いので、ご自身の症状や現状等に当てはめて、どちらを利用するか判断していきましょう。

では次の項で「育毛サプリ」と「育毛薬」それぞれの詳細について解説をしていきます。

育毛サプリの詳細を徹底解説

育毛サプリの詳細を解説

ではまず「育毛サプリの詳細」をお伝えしていきます。
育毛サプリは、その名の通り「育毛に役立つ成分が配合しているサプリ」となります。

具体的な製品特徴としては下記のような内容となっております。

  • 副作用の心配などが無し
  • 通販等で簡単に入手が可能
  • 効果としては育毛薬に劣ってしまう

分類としては「サプリ」になるため、治療効果は若干劣ってしまいます。
(薬でないと配合出来ない成分等があるため、効果はどうしても劣ってしまうのです)

その代わりに「副作用がない」&「通販等で簡単に入手可能」という特徴があるため
「育毛剤を利用した上で、サプ的に利用」と言う利用法がオススメなんですね。

育毛サプリは、上でもお伝えしたように「サブ的な利用」がオススメとなります。
そのため、メインの育毛製品としては育毛剤を利用するか、もしくは育毛薬を利用していきましょう。

育毛サプリ:BOSTON公式サイト

育毛薬(プロペシア・ミノキシジル)の詳細を解説

育毛薬の詳細を解説

次に「育毛薬の詳細」についてお伝えしていきます。
育毛剤や育毛サプリが通販等で購入可能なのに対して、基本的に育毛薬は病院等で処方が必要になります(別ルートで手に入れる方法はあるのですが、、、)

内服薬という事もあり、一般的には「効果が高い治療法」と言われているのですが、そうは言っても若干の問題点が存在しています。そこで、良い点と悪い点を踏まえて、育毛薬の詳細を解説していきます。

どんな種類の育毛薬が存在するの?

では、具体的な育毛薬にはどのような種類が存在しているのでしょうか。
一般に普及している育毛薬は、ほとんどが下記2つのどちらかとなっております。
(名前が違っても、効果は下の2つのどちらかと同じという事が大半です)

ミノキシジル

ミノキシジルは、元々「高血圧の治療薬」として発売をされました。しかし、その中の副作用にある「血管を拡張する効果による血流促進」と「毛包への刺激」が育毛に効果があるという事が判明し、今では育毛用の薬として利用をされています。

フィナステリド(プロペシア・フィンペシア)

フィナステリドは、国内で「プロペシア」などの名前に変更をされて発売している育毛薬となります。具体的な効果としては「5a-リダクターゼを抑制する事でのDHTの生成を阻害」となっており、最近では最も主流の育毛薬となっております。

育毛薬と一言で言っても「血管の拡張」や「DHTの阻害」等、薬ごとに効果が異なります。
今後ご自身で育毛薬を利用していくなら、しっかりと効果を把握するようにしましょう。

育毛薬には副作用があるんです!

こんな風に極めて効果が高く人気の育毛薬ですが、残念ながらそれぞれに下記のような副作用が存在しています。

ミノキシジルの副作用

かゆみ・発疹、心不全、突発性難聴、ED、頭痛、動悸

フィナステリドの副作用

性欲減退、発起機能の低下、うつ、肝機能障害、精子減少

これらの中で、特に言われているのが「性欲減退や勃起不全」となります。
また、成分的に赤ちゃんに良くないとの事で、子作り中の男性にはオススメできないとも言われています・・・。

そのため、利用をする際には上記のような内容はしっかりと覚悟をしなければなりません。

育毛薬はどんな風に入手を出来るの?

育毛薬の入手法

ここまでご説明をしてきた育毛薬ですが、次は具体的な「入手の仕方」についてお伝えしていきます。育毛薬は、現在では下記2つの入手方法が主流となっているんですね。

  • AGA専門クリニックでの入手
  • 個人輸入ショップの利用

では、それぞれ詳細についてお伝えしていきます。

AGA専門クリニックでの入手

最初の方法として挙げられるのが「AGA専門クリニックでの入手」となります。
これは、具体的には下記のようなクリニックとなります。

AGA専門クリニック:ヘアメディカル

AGA専門クリニックというのは、爆笑問題が出演している「お医者さんに相談だ」のCM等で一気に知名度を挙げました。

oisha

以前は脱毛症というのは、それほど深刻な病気とは捉えられていませんでした。しかし、最近では「心へ与えるストレス」等の理由から、かなり真面目に病気として捉えられるようになってきたんですね。

AGA専門クリニックでは、最初の段階で診療をしてもらい、その後プロペシアとミノキシジルを処方してもらう流れとなります。

お医者さんに診療をしてもらうため安全度は高いのですが、、、やはりどうしても価格がネックになってしまいます。毎回の診察が必須となってくるため、月に2~3万円程度の出費となってしまうんですね。(しかも、保険が効きません)

そのため「金額を気にしない」という方であればクリニックに足を運んでいただき、価格が気になるという方であれば、下記でご紹介するような個人輸入がオススメとなります。

AGA専門クリニック:ヘアメディカル

育毛薬の個人輸入ショップの利用

次の方法として挙げられるのが「育毛薬の個人輸入ショップの利用」となります。
基本的に、日本国内では薬の通販は禁止されております。

しかし「個人輸入」であれば、購入することが可能なんですね。
(一度の購入が、個人で最大2ヶ月分というくくりはあります)

下記リンクでご紹介しているオオサカ堂は、一見普通の通販サイトの様に見えますが、実際には「個人輸入の代行サイト」となっております。つまり、あなたが海外から個人輸入するのをサポートしてくれるサイトなわけです。

オオサカ堂で育毛関連グッズをチェックしてみる

下に、特に気になるポイントをQ&A形式で記載しておきますので、是非ご確認下さい。

どんな風な利用がベスト?

そもそも一番最初は「自分に合った薬」がわからないため、まず最初は育毛クリニックに行くことをオススメします。その上で「自分が普段飲む薬」がわかってきたら、それをオオサカ堂で購入する流れに切り替えていきましょう。

なんで個人輸入代行なんていう面倒くさい仕組みなの?

既得権益が影響しています。以前、楽天が「薬の通販を解禁しろ」と求めた事があったのですが、結局最後は否決をされてしまいました。そのため通販は不可能なのですが、抜け道として、個人輸入代行は可能となります。

サイトの使い方がわかりません

普通にamazon等を利用するように、購入を勧めていけばOKです。個人輸入代行と言っても、実際に私達が利用する部分は普通の通販サイトと同じです。

本当に商品が届くの?心配です。

もちろんしっかりと届きます。どうしても心配が拭えないという事であれば、まずは少量から購入をして、その後ご自身の希望の個数を購入していきましょう。

商品は偽物ではないの?

もちろん本物です。特にAGA治療薬というのは大きなマーケットなため、商品流通が多く、安心して購入が可能です。

以上がオオサカ堂のまとめとなります。
下記リンクでも詳細が解説しておりますので、是非内容をご確認下さい。

オオサカ堂で育毛関連グッズをチェックしてみる

飲む育毛剤のまとめ

まとめ

以上が、飲む育毛剤のまとめとなります。
育毛サプリ・育毛薬それぞれの詳細について、ご理解を頂けたのではないでしょうか。

最近では、本当に様々な育毛商品が発売してきているため、どれを利用していいかわからないかと思います。そこで、そんな風に迷った際は、まず「育毛クリニックに足を運ぶ」という所からやってみてください。

仮に、オオサカ堂を今後利用していくにしても、そもそも最初はカウンセリングを受けた方が良いですからね!是非、まずはカウンセリングに足を運んでみて下さい。

下のリンクのヘアメディカルは、個人的に最もオススメのクリニックとなります。
私も定期的に通っておりますので、是非ご確認下さい。

ヘアメディカル公式サイト