1. ホーム
  2. 有料育毛法
  3. 育毛シャンプー
  4. ≫育毛シャンプーのポイントを徹底解剖!

育毛シャンプーのポイントを徹底解剖!

育毛を志したら、まず最初に「育毛剤・育毛サプリ・育毛シャンプー」の3点セットで商品を選び始めると思います。しかしですね、、、実際に育毛への貢献度で考えると「育毛剤と育毛サプリ」がメインで働いてくれるのに対して、育毛シャンプーは「サポート的な役割」となっています。

当ページでは、過剰な情報ばかりが先行してしまっている「育毛シャンプー」について詳細をお伝えしていきます。是非詳細をご確認下さい!

育毛シャンプーには育毛効果がない?

まず最初に1つ誤解を解いておきたいポイントがあります。
それが「育毛シャンプーを利用するだけでは、育毛することはほぼない」という事です。

そもそもですね、私達が育毛を果たすためには、毛根の根本である「毛乳頭」に影響を与える事が重要になります。
hair

【毛乳頭とは】
毛乳頭というのは、毛の根本に存在している部分で、血液から栄養を受け取り、それを毛母細胞(毛の発毛部分)に受け渡していく役割を担っています。

毛乳頭が、髪を生成する一番根本になるので、ここに適切な作用を与えることで、育毛を果たすことが出来るわけですね!

では、当ページの本題である「育毛シャンプーはどうなのか?」と言うと、残念ながら、毛乳頭への作用などはほぼありません。そもそもシャンプーというのは、つけてから数十秒、長くても3分程度で洗い流してしまう物です。そのため、いくら有用成分などを入れたとしても、毛乳頭へ作用をする事は現実問題として厳しいんですね。

育毛シャンプーの効果とは

上のような事実を見ると「育毛シャンプーは全く効果がない」という風に感じてしまうかもしれません。ただ、実際にはそうではなくて「直接的な育毛効果がない」だけで「サポート的な役割」は十分に可能なんですね。

そもそも、私達が育毛を目指す上では、様々な点に注意を払っていかなければなりません。

  • 育毛有用成分の摂取(育毛剤・育毛サプリなど)
  • 頭皮環境の改善(育毛シャンプー)
  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善(タバコ・睡眠など)
  • その他の要因の改善(ストレスなど)

たしかに、最も重要かつ効果的なのが「育毛有成分の摂取」となります。
育毛剤や育毛サプリなどを摂取することで、育毛効果を得られるのも事実です。

しかし、それ以外の部分がダメだったら、いくら「育毛有用成分」を摂取したとしても、育毛を果たすことが出来ないんですね。育毛というのは「掛け算」的な要因が強いので、全てにバランス良く対処することが、極めて重要になってくるのです。

この点を意識した上で、育毛製品などを選ぶようにしましょう!

育毛シャンプーを変えただけですぐ発毛する例とは

また、全体からすると割合は少ないのですが「育毛シャンプーを変えるだけで発毛をする」という例なども存在しています。

この「発毛シャンプーにするだけで発毛」というのは、「今まで使っていたシャンプーが決定的に合っていなかった場合」に発生する内容となります。

そもそも、世間一般で発売しているシャンプーというのは、基本的に「洗浄力が強すぎる商品」となっています。イメージとしては、食器洗いの洗剤で髪を洗っていると思って下さい。

こういった洗浄力の強い商品というのは、一見すると髪が綺麗になるので、いい商品のように感じてしまいます。しかし、頭皮が元から弱い人などにとっては、炎症や抜け毛の原因となってしまうんですね。(本来残すべき成分も軒並み取り去ってしまうのです。)

「本当に自分にあっているシャンプー」というのを見つけるのは困難ですが、普段の使用の段階で「ヒリヒリしている」や「頭皮に違和感を感じる」などの自覚症状がある場合は、是非育毛シャンプーなどを試してみてください。

育毛シャンプーの詳細解説

shampoo-tokuchou

では次に、育毛シャンプーに関して具体的に解説をしていきます。
一言で「育毛シャンプー」として様々な商品が発売されていますが、その具体的な特徴としては、下記のようになります。

  • 頭皮への刺激が弱い
  • 育毛サポート成分が配合されている
  • 保湿成分が配合されている

では、それぞれの特徴ごとにより詳細の解説をしていきます。

頭皮への刺激が弱い

まず、育毛シャンプーで最重要の特徴として挙げられるのが「頭皮への刺激が弱い」という点です。「刺激が弱いシャンプー」とだけ聞くとそれほど効果が無いように聞こえるかもしれませんが、実はこの部分が極めて重要なポイントになってくるのです。

そもそも、私達がお店で購入出来る「市販のシャンプー」というのは、ほぼ全ての商品において「洗浄力が強すぎる」という特徴があります。かなりの人数が購入する商品になりますので、どうしても、洗浄力をある程度キープしておかなければならないんですね。

頭皮を気にしない人であれば「洗浄力が強い」などの内容は気にする必要がありません。
しかし、私達のように育毛を考えている人間は、しっかりと「頭皮へのダメージ」は避けなければなりません。

そのため、この「洗浄力が弱い」という特徴は極めて重要になってくるのです。

育毛サポート成分が配合されている

次の特徴として挙げられるのが「育毛サポート成分が含まれている」という点です。

上の方にも少し記載をしてありますが、単純に「育毛成分」がシャンプーに入っているだけでは、全く育毛には効果を及ぼしません(成分が配合されていても、育毛における重要なポイントにまで届かないんですね。)

そのため、育毛シャンプーに含まれている「育毛サポート成分」というのは、「頭皮の皮脂を回復させる成分」や「頭皮の血行をよくする成分」などが配合をされています。

特に「頭皮の血行をよくする成分」というのは、極めて重要です。

私達の発毛というのは、かなり血流に直結をしています。血流が髪の毛に成分を運んでくれますので、そもそも血流が滞ってしまったら、発毛自体も失敗に終わってしまうんですね。

特に、男性は加齢と共に頭皮の血流が滞ってしまいがちなので、このように血流を促進してあげるというのは、極めて重要になってくるのです。

保湿成分が配合をされている

最後の特徴として挙げられるのが「保湿成分が配合されている」という点です。

「育毛と保湿」というと一見関係ないように感じるかもしれませんが、実はこの2つは極めて密接に関わりあっているのです。例えば、もし仮にあなたの頭皮が乾燥状態になってしまった場合、下記のような問題が生じてきてしまいます。

【保湿されていない頭皮で発生するトラブル】
フケ・痒み・湿疹・ヘアサイクルの乱れ・頭皮が固くなり、血流の悪化

これらの状態を防ぐためには、しっかりと頭皮の保湿を行う事が重要になってくるのです。

「育毛剤」などを利用した際に、健やかに髪が生える土壌を作る気持ちで、保湿を行っていきましょう。

市販のシャンプーの効果について解説

ここまで「育毛シャンプー」の内容について詳細を解説してきました。
ただ、そうは言ってもイマイチ「市販のシャンプー」とどこが違うかわかりませんよね?

そこで、次に「市販のシャンプー」の特徴について解説をしていきます。
市販のシャンプーに関しては、下記のようなポイントを気にする人が多いため、その点について詳細を解説していきます。

  • 界面活性剤の使用は問題なし?
  • シリコンの利用は問題なし?

では、それぞれ詳細について解説をしていきますので、内容をご確認下さい。

界面活性剤の使用は問題なし?

シャンプーやその他の石鹸に含まれている成分に「界面活性剤」という物があります。

界面活性剤というのは、界面(物質同士の堺の面)に作用をして、性質を変化させる物質の総称です。少し詳しく解説をすると、1つの分子の中に、「水に馴染みやすい性質」と「水に馴染みにくい性質」を持っておくことで、洗浄などの際に役立つ物質となります。

実は最近、この界面活性剤が肌に悪影響を与えていると言われているのです。

頭皮には、「汚れとしての皮脂」以外に「頭皮に必要な皮脂」という物も存在しています。つまりは、一言で「皮脂は全ていらない!」と言うのではなくて、皮膚を守るために重要な部分というのも、かなり存在しているんですね。

界面活性剤配合の石鹸を利用してしまうと、そういった「本来頭皮に必要な皮脂」も全て奪い去ってしまうのです。

たしかに、界面活性剤というのは安価なため、大量生産のシャンプーや石鹸等には利用しやすい内容となります。しかし、安さと引き換えに、上のような悪影響というのも同時に発生してしまっているんですね。

個人的には「界面活性剤が大量に利用されている」という理由から、やはり市販のシャンプーをオススメすることは出来ません。

シリコンの利用は問題なし?

次に皆さんが気にするポイントとなるのが「シリコン」となります。

界面活性剤だけを利用すると、髪がギシギシになり指通りが悪くなってしまいます。
そこで、そのような状態を解決するために、シリコンが配合されているのです。

正直、このシリコンに関しても、様々な事が言われてきました。10年ほど前から「シリコンは肌に悪い」という説が広まり急激にノンシリコンシャンプーが普及したとおもいきや、最近ではまた「シリコンシャンプーでも問題ない」といった説なども出てきています。

個人的には、従来の「ノンシリコン派の意見」である「頭皮にシリコンで詰まる」という意見をあまり信用していないため、シリコンだろうと、ノンシリコンだろうと関係ないと思っています。

そのため、市販のシャンプーをオススメ出来ない理由は「シリコン」ではなくて「界面活性剤」が原因だと言うことですね!

正しい育毛シャンプーの選び方とは

では最後に、育毛シャンプーの具体的な選び方について解説をしていきます。
様々な考え方などがあるかと思いますが、個人的には下記5つのポイントに特に注目をしたうえで、育毛シャンプーを選んでいます。

  • 価格と容量のバランスが取れている
  • アミノ酸系の洗浄成分が配合されている
  • 育毛成分がしっかりと配合されている
  • 添加物を使用していない
  • 保湿成分がしっかりと配合されている

結局「ここまでにお伝えしてきた内容を抑えたシャンプーが欲しい!」という事ですね。
では、実際に通販などで発売されている育毛シャンプーの中で、私が特に注目をしている5つの商品をご紹介していきます。

GPアロマ モンゴ流 チャップアップ U-MA プレミアム
ブラック
商品画像 haru haru haru haru haru
評価 星5個 星5個 星4個 星4個 星3個
定期価格 3866円 4480円 3280円 3460円 5184円
定期特典 サプリ7日分 無し 無し UMAフリード 無し
容量 300ml 400ml 300ml 300ml 400ml
商品詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

そして、この中でも最もオススメをしているのがGPアロマシャンプーとなります。

成分や内容に関してはどれも素晴らしく、ある程度好みの部分もあるかと思います。

しかし、GPアロマシャンプーは当然品質自体も素晴らしいのですが「サプリ付き」などの特典もあり、更には「まとめ買い」や「定期購入」をすることでお得に購入可能となります。

使い心地もとても素晴らしいので、是非一度使用をご検討下さい。

GPアロマシャンプー公式サイト