1. ホーム
  2. タイプ別対処法
  3. 部位別対処法
  4. M字ハゲ
  5. ≫M字ハゲの初期症状とは!前兆を理解して対策を取っていこう

M字ハゲの初期症状とは!前兆を理解して対策を取っていこう

M字ハゲの初期症状

こめかみ部分から脱毛が生じてしまう「M字ハゲ」。
前髪をおろしていると気づかれにくいため、ついつい対策が遅れてしまいがちです。
そこで当ページでは、少しでも早く対策を行っていくために「M字ハゲの初期症状」をお伝えしています。是非前兆を正しく理解して、対策をとっていきましょう。

AGAの種類から解説します!

01

では最初に「AGAの種類」から解説をしていきます。
皆さん、脱毛全般を「AGA(男性型脱毛症)」と捉えていますが、実際には更に細かく下記3種類に分けることが出来るんですね。

datumou-bunnrui
そして、これを更に分類していくと下記のようになります。

前から脱毛が進むグループ

M字型脱毛・前頭部型脱毛

後頭部から脱毛が進むグループ

頭頂部型脱毛

この中で「M字型脱毛」と「前頭部型脱毛」に関しては、かなり混合されがちです。
厳密に言うと、上2つは違うものとなりますので、しっかりとご理解下さい。

M字ハゲの初期症状とは

M字ハゲの初期症状

では、上でお伝えしたような「M字型脱毛」や「頭頂部型脱毛」の場合、一番最初はどのポイントから症状が現れてくるのでしょうか。実は、あなたがどちらの脱毛だったとしても、基本的には下記赤丸のポイントから症状が現れてくるんですね。

htype-1
具体的には、この赤丸において下記のような変化が生じてきます。

  • ボリュームの減りを感じる
  • 髪が細くなってくる
  • 抜け毛が増え薄くなり始める

そのため、ご自身でチェックをする際には、まず赤丸の部分で、上のような内容が生じていないかをチェックしてみて下さい。

ハミルトンノーウッド分類の解説

基本的には「M字ハゲの始まり」というのは上のようなポイントとなります。
そして、そこから先のハゲの進行としては基本的には下記表に沿って進行をしていきます。

hamil

こちらの分類は「ハミルトンノーウッド分類」と言って、古来よりAGA(男性型脱毛症)について論ずる際に、幅広く利用をされてきた図になります。

こちらを見て頂ければわかるのですが、、、IIの段階で「M字型脱毛」と「前頭部型脱毛」に分かれているのですが、一番最初の段階ではやはり、上の赤丸の部分から脱毛が進行しているんですね。

あなたも、今後上の様な流れで脱毛が進行していく可能性が極めて高いので、事前にしっかりとご理解下さい。

M字に脱毛が発生する理由を科学的に解説

M字に脱毛発生の理由

ここまで、M字ハゲにおける外面的な変化を解説してきました。
では、私達の体内において、具体的にどういった変化が生じているのでしょうか。

この「体内での変化」を考える際に重要になってくるのが「DHTの理解」となります。
AGAのほぼ全てが「DHTが原因の脱毛」となるので、必然的に理解が重要になってくるのです。では、より詳細について解説をしていきます。

DHTが生じる流れを解説

そもそも、私達の脱毛を考える際に、極めて重要になってくるのが下記図となります。
脱毛というのは様々な理由があるように思えますが、実は基本的な内容としては、下記表だけで簡単に理解が出来る内容となっているんですね。
まとめ
つまり、、、私達の体の中にある「5a-リダクターゼ」と「テストステロン」が合体する事で「DHT(脱毛の原因)」が発生し、その結果として脱毛が発生してしまうのです。

あなたの脱毛もほぼ確実に上記の内容となりますので、しっかりとご理解下さい。

M字ハゲ発生の理由は5a-リダクターゼにあり!

実は、上のような基本的な流れをチェックすると「M字にハゲが発生する理由」も同時に理解が出来ます。と言うのも、、、実は下の赤丸のポイントというのは、特に「5a-リダクターゼが多いポイント」だと言えるんですね!

まとめ
つまり、上でご紹介したような「DHTが発生する原因の片割れ」が多いポイントが、M字の部分だと言うことです。この大原則が存在しているため、必然的に大半の男性が「頭頂部 or M字部分」から脱毛が発生をしてしまうんですね。

その他のM字ハゲの特徴とは

04

M字ハゲに関しての基本的な知識としては上の内容でOKです。
ただ、、、その他に是非抑えて頂きたいポイントとしては、下記のようになっております。

  • M字ハゲは基本的には治りにくい
  • 片方だけM字ハゲが進行する事もあり

では、それぞれ詳細について解説をしていきます。

M字ハゲは基本的には治りにくい

若干残念な内容になってしまうのですが、、、
まず「M字ハゲは、頭頂部ハゲに比べて治りにくい」という点をご理解下さい。

このような事態が発生する理由としては「血流量」が関係をしています。

そもそも大前提としては、私達の髪の毛は血流から栄養をうけとっています。
(血流が問題なく流れていれば髪に良いですし、逆に血流に滞りが生じてしまうと脱毛が生じてしまいます。)

そして残念ながら、M字部分というのは「元々の血液量が少ないため、対策が取りにくいポイント」となってしまうんですね。

例えば「元からの血液量が多いポイント」であれば、有効成分を摂取すればすぐに育毛へ繋がります。しかし、血液量の少ないポイントだと、仮に有効成分を摂取したとしても、それが脱毛部分に届いてくれないのです。

このような理由もあって、「血流の促進からの育毛を目指す薬」であるミノキシジル等も、あまり十分な効果を期待できません。

もちろん、長期で頑張れば育毛は十分に可能なのですが「その道程はちょっと厳しい」という事を、予めご理解下さい。

片方だけM字ハゲが進行する事もあり

次にお伝えしたい内容が「片方だけM字ハゲが進むことがある」という事です。
一般的には、M字といえば両方が進行するように思われがちですが、、、実は片方だけ発生してしまう事があるんですね。

ただ、基本的に「M字部分の脱毛」という事であれば、原因や対処法等は普通のM字と一切変わりません。一般的なM字脱毛対策を行っていきましょう。

M字ハゲの初期症状と前兆~まとめ~

まとめ

以上が「M字ハゲの初期症状と前兆」となります。
基本的な知識だけでなく、具体的なステップなどもご確認頂けたのではないでしょうか。

一般的には「頭頂部脱毛」に比べて「軽い脱毛」と思われがちなM字型脱毛ですが、実際には頭頂部以上に対策が取りにくい内容となります。そのため「少しでも早い段階での確実な対処」が極めて重要になってくるのです。

M字型脱毛であったとしても、育毛剤をしっかりと利用しケアをすることが育毛への近道となります。是非地道に頑張っていきましょう。

下でご紹介している商品は「育毛仮面推薦の育毛剤」となります。
効果・価格・おまけ共に極めてオススメですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!