1. ホーム
  2. タイプ別対処法
  3. 現状別対処法
  4. ≫AGA(男性型脱毛)の原因と治療法を徹底解説!

AGA(男性型脱毛)の原因と治療法を徹底解説!

AGAの原因と治療法
脱毛には様々な原因がありますが、特に主要な原因となるのが「男性型脱毛」となります。
脱毛に悩まされている男性の9割以上が「AGA(男性型脱毛症)が原因」と言っても過言ではありませんので、脱毛を解決するためにも、しっかりと詳細を理解していきましょう。

AGA(男性型脱毛症)とは

01

最近では様々な場所で「AGA」という言葉が使われるようになりました。
そこで「AGAとは何か」という基礎的な点から解説をしていきたいと思います。

そもそもAGAと言うのは、正式に英語を表記すると「Androgenetic Alopecia」になり、直訳すると男性型脱毛症となります。つまり、AGAと言うのは「特に男性に発生する脱毛症の総称」を示す言葉だと言うことなんですね。(そのため、薬の影響などで脱毛が生じた際はAGAという表記は利用をしません。)

一言で「男性型脱毛症」と言っても様々な状態があるので、最近ではアメリカの医師「ハミルトンノーウッド」によって発表された下記の表を使って分類することが一般的になっています。
img-03
アンファーストアより引用)

現在脱毛に悩まれていて、育毛を考えているなら「自分がどの状態に分類されるのか」というのはしっかりと確認をするようにしましょう。

AGAの特徴とは

現時点で1200万人を超える患者がいると言われているAGAですが、具体的にどういった特徴を有しているのでしょうか。大きなポイントとしては下記のようになります。

  • 思春期以降に発生する可能性が高い
  • 頭頂部・おでこに顕著に症状が現れる
  • 徐々に、症状が進行していく
  • 1日当たり100本以上の抜け毛が生じる

正直、上の特徴というのは、誰もが納得出来る内容だと思うのですが、、、
この中で特に注意を頂きたいポイントととしては「進行性である」という点です。

つまり、最初は少しの症状しか現れてなかったとしても、時間の経過と共に大きな症状となって現れてきてしまうんですね。そのため、少しでも早い段階での対処が極めて重要になってくるのです。

AGAと円形脱毛症は違います!

また、AGAの理解の際に気をつけてもらいたい内容としては「AGAと円形脱毛症は違う」と言う点です。では違いを理解するために、円形脱毛症の特徴を列挙していきます。

  • 年齢に関係なく唐突に発生する
  • 1日100本の脱毛を遥かに超える速度で一気に進行する
  • つむじやおでこ以外の部分にも発生する可能性がある

こうやって見てみると、円形脱毛症は「一気に進行する」という点をご理解いただけると思います。通常の脱毛が数年かけて進行するのに対して、円形脱毛症は、数カ月程度で一気に脱毛が生じてしまうんですね。

上2つの症状の明確な線引きとしては若干難しいのですが「何らかのストレスなどをきっかけとして、急速に脱毛が進行した」という事であれば、円形脱毛症として考えていきましょう。(円形脱毛症の更に詳しい解説はこちら:円形脱毛症の原因と対策

「Aga or 円形脱毛症」のどちらに分類されるかによって対処法が変わってきますので、最初の理解がとても重要になります!

AGA(男性型脱毛症)の原因とは

AGAの原因とは

では次にAGAの具体的な原因を解説していきます。AGA(男性型脱毛)という言葉からもわかるように、AGAは「男性ホルモン」をきっかけとして発生しています。

他にも幾つかの細かい原因などが挙げられるのですが、とにかく「男性ホルモンの与える影響」がダントツに大きいんですね。では、具体的に男性ホルモンがどのように脱毛に影響を与えるか、順を追って解説をしていきます。

男性ホルモンは体の成長に不可欠です

そもそも、男性ホルモンとはどういった性質を持っているのでしょうか。
育毛や脱毛などの学習をしていると「男性ホルモン = 悪」みたいな印象を持ってしまいがちですが、実際には体の成長において下記のような大きな役割を有しています。

  • 胎児の段階における性別決定の役割
  • 生後2週間~半年時点での発達への役割
  • 思春期における「体を男らしくする」役割

こうやって見てみると、本当に重要な役割と言う事がわかりますね!
また、上のような「外面的な男らしさ」というだけでなく、「男らしさ・冒険的な性格」と言った「内面的な男らしさの生成」においても男性ホルモンは一役買っています。

つまりは、内面の成長・外面の成長において極めて大きな役割を男性ホルモンは有しているのです。

男性ホルモンの値が高い人の特徴

冒険心が強い・リーダーシップを発揮しやすい・空間認識能力に優れている・縄張り意識が強い

テストステロンが合体してDHTに!

上のように、私達の体が成長する段階において男性ホルモン(テストステロン)は極めて重要な役割を果たしています。

しかし、成人以降のタイミングで「5a-リダクターゼ」と「男性ホルモン(テストステロン)」が組み合わさってしまうと、DHTが発生し脱毛の原因となってしまうのです。
(わかりやすく図にすると、下記のようになります)

normal
「5a-リダクターゼ」というのは、私達の体に存在している酵素になるのですが、大きく分けてI型とII型に分けることが出来ます。

5a-リダクターゼ I型

主に皮脂腺に多く存在(脂症の人に多い)

5a-リダクターゼ II型

主に毛乳頭に多く存在(ヒゲや体毛が濃い人に多い)

基本的にはI型とII型どちらも影響をおよぼすのですが、最新の研究によると「II型」の方が脱毛に大きな影響を与えていると言われています。

「5a-リダクターゼ II型」と「男性ホルモン(テストステロン)」が組み合わさった際に「DHT」が発生し、脱毛が生じてしまいます。そのため、これを妨害するのが極めて重要な内容となるのです。

ここでご紹介した「5a-リダクターゼ」は頭頂部やおでこなどに多く存在しています。
そのため、頭頂部やおでこなどから脱毛が始まる事が極めて多いのです。

AGAのサブ的な脱毛要因もしっかりと抑えておこう!

基本的には、AGAの要因というのは「DHTの発生」となります。
かなり直接的に「脱毛因子」となってしまうため、これが最大の問題なんですね。

もちろん、DHT単体でも極めて大きな脱毛の要因となってしまうのですが、、、
脱毛を促進する要因として、他に下記要因等を挙げることが出来ます。

  • 食生活
  • 睡眠習慣
  • ストレス

これらの内容というのは、どれも「単体での脱毛」という事は発生しません。
DHTなどが発生していない状況において、仮に少し生活習慣が崩れたとしても、脱毛は生じないんですね。

しかし、DHT等が発生していて髪の毛が弱っている状態においては、上記のような内容というのはかなりネガティブに働いてしまうのです。

具体的に発生する悪影響とは

では何故、上に挙げたような生活習慣が脱毛に影響を与えてしまうのでしょうか。
そのポイントとなってくるのが「血液」です。

髪の毛というのは、血液によって栄養などを運んでもらい健やかな成長を果たしています。
そのため血流不足などが生じてしまうと、かなり直接的に脱毛が生じてしまうのです。

上に挙げた3要素というのは、どれも「血流への悪影響」が挙げられる内容となります。
そのため、育毛習慣を送る際には極めて重要なポイントとなってくるのです。

AGAの具体的な対処法について解説

AGAの具体的な対処法

では次に、AGAの具体的な対処法について解説をしていきます。
AGAと言うのは、かなり深い問題になるため、民間療法などを含めると相当数の治療が存在しています。

しかし、その中でも効果があるのはほんの一握りで、、、
代表としては下記3点が挙げられます。

  • AGAクリニック
  • 薬の個人輸入
  • 育毛剤の購入

また、各項目ごとの特徴は下記のようになります。

価格 効果 安全度
AGA
クリニック
ふつう
ちょっと高め
とても良い
効果は高い
良い
副作用のリスクあり
薬の個人輸入
良い
安め
とても良い
効果は高い
ふつう
副作用リスク高め
育毛剤
良い
商品依存だが高め
とても良い
商品によるが効果は高い
とても良い
副作用リスクほぼなし

正直、どの手法においてもメリット・デメリットが存在しています。
個別で詳細を解説していきますので、是非内容をご確認下さい。

AGAクリニック

まず最初にご紹介をしたいのが「AGAクリニック」となります。
ちょっと前に爆笑問題が「お医者さんに相談だ」の合言葉と共にCM出演などを果たして、一気にAGAクリニックは知名度を上げました。

爆笑問題

AGAクリニックでの具体的な治療内容としては「フィステナリド・ミノキシジル等の投薬」となります。薬の名称などは医院によって変わってきたりするのですが、基本的には上で挙げたような「効果が国に認証されている成分」を提供するという流れなんですね。

そのため、効果はかなり期待出来ますが、価格としては少し高めに内容となります。
20000~30000円程度かかってくるので、正直私にとっては少し厳しい価格ですorz
(「お医者さんに診療してもらう&保険が効かない」ため少し高額になってしまうのです)

また、どうしても通う必要性等があるため「田舎にお住まいがある」という事だと、現実的に通うのがむずかしい場合もあります。家の近くにあり、しっかりと通える状況だと言うことであれば、是非一度は足を運んでみましょう。

AGA専門クリニック:ヘアメディカル

薬の個人輸入

次にご紹介したい内容が「薬の個人輸入」となります。
正直、個人的にはあまりオススメが出来ないのですが「欲しい薬を明らかに安く購入出来る」という点において、明確なメリットが存在しています。

ただ、世間一般にはあまり広まっていない手法であることは間違いないので、疑問形式で解説を行っていきます。

薬の個人輸入って何?

その名の通り、薬を「個人輸入(海外から購入)」する事です。
法律的にも、薬の個人輸入は禁止されていません。ただ、自力で海外とやり取りをするなどは現実て問題として難しいので、当サイトでご紹介しているような「薬の個人輸入代行サイト」を利用するのが一般的な個人輸入の流れとなります。

どうやったら購入出来るの?

オオサカ堂で、普通の流れで薬を購入すればOKです。数週間後に海外から直送で送られてきます。一度利用してみるとわかりますが、amazonを利用するような感じで購入可能です。

購入の際の注意点は

オオサカ堂の利用自体は簡単なので「購入する薬」をしっかりと選ぶようにしましょう。個人的には、一定期間AGAクリニック等に通い「自分に適切な薬」を把握した上で、個人輸入する方法がオススメです。(これをすれば、節約が可能です)

薬の個人輸入をやってみるとわかるのですが、本当に安く薬が購入可能です。
(AGAクリニックに通うのの半額以下で済むことが大半です)

ただ、その代わりに「リスク」というのはどうしても高くなってしまいます。

個人的には、副作用等を適切に自分で把握出来ない限り、あまり薬の個人輸入はやるべきではないと思います。しかし、ミノキシジルやプロペシア(フィステナリド)等を一定以上飲み続けていて「副作用等が一切ない」という事であれば、切り替えは十分にアリな内容かなとも思います。

是非、こういった点はご自身で判断をしてみてください。

ミノキシジルタブレットを個人輸入で購入
プロペシア(フィステナリド)を個人輸入で購入

育毛剤の購入

最後にご紹介したい内容が「育毛剤の購入」となります。
当サイトでも一貫して「育毛剤の購入」をオススメしていますが、効果や価格・副作用などの面において、明確にメリットのある物なんですね。

上でご紹介したように「AGAクリニックでの薬の摂取」は大体月で20000~30000円程度はかかってきてしまいます。しかし、それに対して「育毛剤」の場合、10000円前後で利用可能なのです。

また気になる効果おいても、しっかりと体にフィットをすればかなりの効果を発揮してくれます。そのため「自分にフィットした育毛剤を利用する」という事ができれば、本当に理想的な育毛が可能だと言うことですね。

上2つの手法に対して、育毛剤の場合「副作用もなし」となりますので、是非最初は育毛剤の利用から始めていきましょう!

育毛仮面オススメの育毛剤ランキング

AGAの原因と対策まとめ

育毛仮面まとめ

ここまで「AGAの原因と対策」を解説してきましたが、ご理解頂けましたか?
AGAを本気で解決したいなら、育毛に励む一番最初のタイミングで「適切な現状の把握・対策の理解」を行うのが極めて重要になります。

人間には「プラシーボ効果(思い込み効果)」等もあるため、一番最初の理解というのは極めて重要になってくるんですね!

また、今回は大きく分けて3つの解決法を解説しましたが、育毛仮面が圧倒的にオススメする内容としては「育毛剤の利用」となります。

他の対策法に比べて価格は比較的安いですし、副作用等が無いため安心して利用をする事が出来ます。「これから育毛を頑張る」という事であれば、まず最初にこれらの育毛剤を利用していきましょう。

下のリンクは、現時点で育毛仮面が最もオススメする商品となります。
価格と効果・おまけ等のバランスが最高ですので、是非ご確認下さい。

最新のオススメ育毛剤はこちら!